1. まとめトップ

【2018年10月】仮想通貨で不労所得。マスターノードで億り人!!

不労所得の最新手法。仮想通貨のマスターノードについてご存知ない方は必見です!絶えず入ってくる不労所得がある銘柄を選べば、値上がりを待つのも気楽。仮想通貨の投資はまだまだこれから!

更新日: 2018年10月11日

3 お気に入り 4454 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

あなたは、仮想通貨の中にマスターノードという仕組みを導入しているものがあるのをご存知でしょうか?これはブロックチェーン・ネットワークを支える事に貢献することによって報酬を得られるというものです。マイニングとちがって、高価なハードウェアはほとんどの場合必要ありません。※投資は自己責任でお願いします。

マスターノードとは
一定数以上のコイン保有や専用のサーバーの起動など「特定の条件」を満たすことで、一定期間ごとに通常のマイニングよりも多額の報酬を受け取ることができる仕組み。ROI(投資利益率)が高いものが多く、価格上昇した場合はキャピタルゲイン(通貨の売却益)と、マスターノード報酬によるインカムゲイン(配当収入)を二重に得ることができる。

要するに、24時間稼働するPCのレンタルサービス(VPSと言います)を使って、それぞれの仮想通貨のやり方に沿ってプログラムを起動すれば良いということですね。

あとは放置して、そのPCが勝手に仕事をして稼いでくれるというイメージです。

圧倒的なポテンシャル:仮想通貨AMB(アンバー)のマスターノード

まずは不労所得(報酬)額の予測と、必要なAMBの枚数を見てみると、、

マスターノードに必要なAMBの枚数と年間報酬予測(100万バンドルの場合)
オメガ 75,000 AMB, 1億1480万円
シグマ 30,000 AMB, 3828万円
ゼータ 10,000 AMB, 957万円

AMBのマスターノードに必要な、最低枚数は1万枚(ゼータ)です。2018年10月始め時点で1枚あたり15円ほどなので、約15万円で可能です。もし上の数字が実現すれば、投資額に対してとんでもない額のリターンですね、、

ここでバンドル数という聞き慣れない言葉が出てきますが、これはAmbrosusのブロックチェーンに送信されるデータの単位です。

1日に作成されるバンドル数が多くなればなるほど、つまりAmbrosusが企業に使われれば使われるほど、マスターノードの報酬も多くなっていきます。

1日100万バンドルの実現可能性に関してですが、CEOのエンジェル(Angel)がRedditにおいて以下のようにコメントしています。
「AMB-NETが成功し広く普及したと仮定すると、1日数百万のバンドルが作成されることになるだろう。」

200万なら上記報酬は2倍、300万なら3倍です。これが不労所得で稼げる額とは、恐ろしい。。

すでにAmbrosusの顧客企業も

あの辛ラーメンで有名な農心の子会社と提携(2018年10月10日発表)

最新の提携発表です。マダガスカル産のバニラに続いて牛肉。どんどん企業との提携が進んでいます。

マダガスカルで高品質なバニラを生産・加工するフランス企業、Premium Goods(プレミアムグッズ)と提携(2018年9月27日発表)。

詳細は以下の記事で。

日本語のAMB公式テレグラムに参加して、分からないことは何でも聞いちゃいましょう

マスターノードのやり方など、AMBに関することはテレグラムでがんがん聞いちゃいましょう。会話に参加しなくても、流れを見るだけでも充分参考になりますよ。

テレグラムって何?という方はこちらの記事を。LINEのグループチャットみたいな感じの、便利なコミュニケーションアプリです。

Twitterでも徐々にAMBに気づいた方が増えていて、、

アルトが軒並み死んでる中で、希望を失っている方に救世主です それは #Ambrosus $AMB のマスターノード 詳しくはこちらへ ambrosus.jp/masternode

AMBのマスターノードの仕組みについて、さらなる詳細は以下の記事で。

投資機会を平等に:仮想通貨SWM(スウォーム)のマスターノード

次に紹介するマスターノードは、非営利組織(NPO)によるSwarm(スウォーム)というプロジェクトです。

今までは富裕層しか投資出来なかった優良案件に、誰でも投資出来るようになるプラットフォームを作っています。

$SWM #マスターノード の本番はまだまだこれから。 今はたった毎月2500SWM(5万円)ほどの #不労所得 Swarm上の投資機会(リップル社含む)が本格的に動き始めて数がどんどん増えていけば、そこからの利益もどんどん入ってくるようになる #セキュリティトークン

SWMのマスターノードに参加してブロック報酬や投資機会からの利益の一部を得るには、以下の2通りの方法があります。

・50,000枚のSWMをステークして自分でマスターノードを運営する
・何枚からでも参加可能でその枚数に比例した報酬などを得ることが出来る、Swarmマスターノードトークン(SMN)に対して投資する

SWMのマスターノードが画期的なのは、長期に渡って高い報酬が期待出来る点です。

SWMマスターノードの報酬には、ブロック報酬とMDF報酬の2種類があります。ブロック報酬の額は年々下がっていきますが、MDF報酬はSwarmプラットフォームが拡大する限り、その額に上限はありません。

2018年10月始めのSWMの価格は1枚10円以下だったのですが、10月8日時点で30円近くまで上がってしまいました。5万枚なら150万円ですね。
そんなに出せないよという方は、マスターノードを共有出来るSwarmマスターノードトークン(SMN)に対して投資可能です。こちらでしたら何枚からでも投資可能なので、必要最低額は無いといって良いでしょう。もちろん報酬は投資枚数に比例した額になります。

SWMも日本語の公式テレグラムがあります

1 2