1. まとめトップ
  2. おもしろ

1番筒香ってどうした…Twitterで見かけた『これぞ奇策』まとめ

DeNAのラミレス監督は、広島戦で「1番筒香」という奇策を打ちましたが、他にも野球に関する驚きの奇策はたくさんあります。

更新日: 2018年10月07日

22 お気に入り 44629 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『1番筒香』

1番筒香奇策かもしれないが、3番乙坂が台無し愚策だな

ベイスターズ 1番 レフト 筒香 奇策? どうしちゃったんだろ? びっくりしてこのスタメン発表を二度見する pic.twitter.com/SYh1uyYDzz

は?1番筒香!? え、何?今年のセ・リーグは奇策を好むんですか? 1番ゲレーロとか1番筒香とか・・・ 1番に置く理由がわからない。パ・リーグならDHがあるから、チャンスで回る可能性があるかもだけど基本9番投手だし、そもそも塁出ても何のプレッシャーも感じない。

◎『遠山・葛西スペシャル』

ブラウンの奇策より野村さんが阪神時代にやってた遠山と葛西のシフトの方がインパクト強かったけどな~。

全盛期の松井秀喜を完璧に抑えた遠山という松井キラーと呼ばれたピッチャーが阪神にいたんだよ。今ググったら13打席無安打に抑えた年もあったわ。遠山、葛西、遠山、葛西の奇策は今思い出しても笑えるわ。

監督の奇策、選手間の頭脳戦。阪神野村監督の遠山→葛西→遠山起用は言わばダブルの頭脳戦だった訳だ。そういうのが野球観戦の面白さを増している。選手が頭脳戦でこたえることで、単なるイロモノにはなっていない。

◎『履正社高校 準決勝の大阪桐蔭戦で初登板の主将が先発』

履正社は何も間違った事はしてない。 桐蔭と戦うには奇策が必要やった。 濱内くんはほんまにすごかった。 あんだけ抑えたからこそ、8回からまた任されたんやと思う。 最後は仕方ない。 投手としての経験値不足と体力的にも厳しかったんかな ほんまにいい試合見れて良かった。

北大阪準決勝、大阪桐蔭が1点を追う9回表、2死ランナー無しから4四球、タイムリーで奇跡の逆転。履正社の濱内選手にかけられた期待は大過ぎたか。主将で4番、更に投手の奇策まで。秘密兵器は9回2死まで躍動した!

濱内ピッチャーは奇策やな! 桐蔭は根尾ですか、あー履正社桐蔭見に行きたすぎる 毎年履正社びいきで見てるけど、今年は平等に見ます

◎『高校野球で外野4人シフト』

外野4人シフト? 高校野球もなかなかの奇策がありますねぇ 

高高、健大の強打者山下に対し、外野4人の奇策に出る。 しかし、あっさりセンター返しで破られる …しかも3度とも。 #高校野球 #健大高崎 #高崎高校 pic.twitter.com/yl9xCWqmWi

◎『ノーアウト満塁でツーランスクイズ』

やべーー!!! 奇策すぎる!!w ノーアウト満塁からのツーランスクイズ!!

金足農業すごいなぁ…何がすごいって点を取るパターンを持っていて、それを実行出来ること。スクイズって難しいんだよ…ツーランスクイズって奇策なんだよ…

◎『甲子園での超スローボール』

超スローボールみたいな奇策は、間違いなく打てない、対処できない方が悪い。

とりあえず甲子園は何試合か見たけど、西嶋投手の超スローボールはすごい!あれだけ遅い球をキャッチャーの構えたところにしっかり投げてるんだもの。相当な技術だ。

超スローボールは奇策なので、アナウンサーが「舐めてる」とか言っちゃうような状態だからこそ通じる戦術であって、アナウンサーが嫌悪感も感じずべつにアリだわーとか思っている状態では通じない気もするし。甲子園はいろんな奇策が出て議論があって、それがいい。一方的に袋だたきはどうかと思う。

1 2