1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

■好きなことにお金を使うことは良いこと

好きなこと、ものに好きなだけお金がかけられる・・・それは大人の女の大きな楽しみですし、経済によって手に入る自由度は高く、あなたを美しく輝かせてくれていることでしょう。

しかし、皆さんは金遣いが荒い人にはどんな印象を持つでしょうか。あまり良いイメージは持たないと思います。

■そこで、お金遣いが荒い人に見られる特徴をいくつか紹介します

子どもを育てるのにも、一人で暮らしていくにもとにかくかかるのがお金です。公的年金もあてにならなくなる昨今、老後資金を貯めるだけでも大変なことです。

お金遣いが荒い人には特徴があります。給料日前になるといつもお財布が寂しい、という方は、当てはまるところがあるかもしれません。

■他人のためにお金を使うことに喜びを感じる

お金の使い方が荒い人は他人にご馳走する事で喜びを覚えます。

他人におごることは、人間関係を形成していくうちで多々あると思いますが、おごることが多い人は、お金はすぐになくなってしまいます。

そういった付き合いをしていると、「金の切れ目が縁の切れ目」というように、お金が無くなった時に離れてしまう人もいるので、ほどほどにしたほうが良いでしょう。

■流行に敏感すぎる

流行ものが好きで、シーズンごとにトレンドの服を何枚も購入し、昨シーズンの服はあまり着なくなっている、そんなことはありませんか?

家電でも食べるものでも、「これが最新!」と聞くとすぐ飛びつきます。新しいものは試さずにいられないタイプで、飽きるのも早くまた次の最新を求めます。

自分の満足度が高ければ、それは生きたお金の使い方ですが、そうでないのであれば浪費になってしまいます。

■交友関係が多い

交友関係が多い人は、どうしてもお金の出入りが激しくなってしまいます。そのため、周りから金遣いが荒いと見られてしまうこともあります。

散財癖があると、「せっかくのお誘いだし」と思って、お金がなくてもついつい遊びにでかけます。

結果、友達に借りを作ったり、友達の影響を受けすぎてファッションや趣味にお金をつぎこんでしまいます。

■衝動買いが多い

浪費家の特徴としては、衝動買いが多いことがあげられます。

物欲のまま生きています。欲しいと思ったものは、本当に必要かということを考えずに、何でも購入します。

また、こうした衝動的に購入した物は、直ぐに飽きてしまうでしょう。

■買い物がストレスのはけ口となっている

1 2