1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

もう未来の話ではない…『レジ』という概念がなくなる

そろそろレジに並ぶ必要がない時代になるかもしれません。そういう流れが日本にも来ているようです。

更新日: 2018年10月15日

5 お気に入り 6354 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tmck777さん

日本は人手不足の状態が続いている

2018年9月の「人手不足」関連倒産は、27件(前年同月比22.7%増、前年同月22件)で、6カ月連続で前年同月を上回った。

コンビニ業界をめぐっては、セブン-イレブンやファミリーマートでも主婦や高齢者の採用を積極的に行うなど、人手不足への対応を急いでいます

アメリカでは人手のかからない未来型店舗が登場

消費者はレジに並ばずに商品を購入することが出来る

これには車の自動運転で活用されているコンピュータ・ビジョンとディープラーニング、センサー技術が用いられています。スマホひとつを携えて店舗に入るだけで簡単かつスムーズな商品の決済を可能にする、まさに未来をテーマに描いた映画のような技術です。

アリババが展開する「盒馬(Hema)」はさらにスゴイ

デジタルスクリーンに商品情報が表示され、個々のアイテムにはEインクの値札がついている。支払いは顔認証でカメラに顔を向けるとアリペイのアプリが起動する仕組みだ。

実店舗ではなくアプリでも買い物ができ、この場合は事前にスロットを予約しておかなくても30分以内に自宅に商品が届く。

日本でもこの流れが来つつある

「CEATEC JAPAN 2018」で、ローソンが「ウォークスルー決済」を試験的に披露する。決済には「楽天ペイ(アプリ決済)」を利用する。

全商品にRFID(無線識別)タグが取り付けられており、来場者が楽天ペイ(アプリ決済)のQRコードをかざして商品を持ったままゲートを通ると、自動的に会計・決済が行われる

JR東日本とJR東日本スタートアップは10月2日、JR赤羽駅に無人決済店舗を設置すると発表

店舗入口で交通系電子マネーをかざして入店し、商品を手に取り決済ゾーンへ移動。

天井には客を認識して追跡するカメラ、棚には客が手に取った商品を認識するカメラなどのセンサーを備える。

万引きなどのセキュリティの問題はどうなのか?

▼上海の無人コンビニチェーン「BINGO BOX」

内部のシステムには、世界初のものも含め16件の特許を取得したテクノロジーが活用されている

BINGO BOXは、基本的には常時施錠されており、利用者は、スマートフォンに専用アプリをインストールして、それを用いて入り口で認証作業を行う。

ネットでは興味ある人が結構多い

amazon goが赤羽に!? 赤羽に完全無人のコンビニができている☆ これはすごいなぁ、興味あるし行きたい(^O^)/ JR赤羽駅にAIを活用した無人決済店舗が登場。10月17日から - Impress Watch watch.impress.co.jp/docs/news/1145…

1 2