1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

わずか“70秒殺”で勝利!井上尚弥選手の秒殺KOに衝撃広がる

ボクシング・WBA世界バンタム級王者・井上尚弥選手(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・シリーズ(WBSS)1回戦で元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦を迎え、わずか70秒でKO勝ちしました。

更新日: 2018年10月08日

12 お気に入り 59551 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥選手

高校時代にはボクシング史上初のアマチュア7冠達成という偉業を成し遂げ、2012年にプロへ転向。

・アメリカのリングでは、アントニオ・ニエベス選手に圧倒!

米カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センターで同級7位のアントニオ・ニエベス(米)に6回終了TKO勝ち。

日本の“怪物”が“モンスター”に進化すべく臨んだアメリカ・デビュー戦。井上が世界的スターに向けて、大きな一歩を踏み出した。

●5月には、WBA世界バンタム級タイトルマッチで初回TKO勝ち

WBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦は挑戦者で同級2位の井上尚弥が、王者のジェイミー・マクドネル(英国)を初回TKO

井岡一翔のプロ18戦目を抜いて、日本人歴代最速となる16戦目での世界3階級制覇を達成しました。

●その井上選手がWBSSでパヤノ(ドミニカ共和国)戦

ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は7日、ワールド・ボクシング・シリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)で

FUJI BOXING【#井上尚弥×#JCパヤノ】~WBSS #バンタム級 トーナメント準々決勝~きょう(10/7)夜8時からフジテレビ系列で生中継️世界最大最強トーナメント『#WBSS』日本初上陸"怪物"井上尚弥がバンタム級世界王座統一へ拳四朗はV4防衛戦“世界”がどよめくfujitv.co.jp/sports/boxing/… pic.twitter.com/CAw8oYgGHG

・そもそもワールド・ボクシング・シリーズ(WBSS)とは?

本日のオススメ番組 夜8時~放送『ボクシング井上尚弥×JCパヤノ~WBSSバンタム級トーナメント準々決勝~』(延長あり、以降繰り下げ) 世界最大最強トーナメントWBSS日本初上陸! モンスター井上尚弥がバンタム級世界王座統一へ。 “世界”がどよめく。 fujitv.co.jp/sports/boxing/… #fujitv pic.twitter.com/iNnZmrJzA7

勝ち上がりを決めるため独自のルールが存在する。特例として4人目のジャッジがリングサイドに控え、通常のジャッジ3人の採点で引き分けだった場合は4人目の採点を加えて勝ち上がる選手を決める。

初回は賞金総額5000万ドル(55億円)。優勝者にはモハメド・アリ・トロフィーとともに賞金1000万ドル(11億円)が贈られるということでも話題を呼んだ。

シーズン2ではバンタム級、スーパーフェザー級、クルーザー級で実施。横浜で開幕し、今後6週に渡り、1回戦が展開される。

・試合は、井上選手の右ストレートでわずか70秒KO勝ち!

【秒殺】井上尚弥が初回KO勝ちでWBSS初戦突破 news.livedoor.com/article/detail… フアンカルロス・パヤノを初回KOで下し準決勝進出。ワンツーの右でぶっ倒した。井上尚弥の通算戦績は17勝15KO無敗。 pic.twitter.com/9uaqPCDxGN

試合時間はわずか70秒。まさに電光石火の一撃だった。戦前の予想通り、頭を低くして入ってきたパヤノに右アッパーを一発

そして、ほどなくして放ったワンツーの右ストレートが顔面をヒットすると、パヤノは両足を揃えたまま後方に倒れた。

1 2 3