1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

まったく知識も経験もないところから、4ヶ月で15㎏の減量に成功した方法を解説します。

kke009さん

はじめに

糖質制限ダイエットって、よくわからない・・・
そういう方も多いと思います。

私も1年ほど前までは、まったく知識のない状態でした。

この記事では、知識のない方でも正しい方法で糖質制限ダイエットに
取り組めるように、自分の経験から学んだ方法を解説していきたいと思います。

糖質制限ダイエットとは?普通のダイエットと何が違うの?

糖質制限ダイエットは、近年効果的なダイエット方法として注目されています。
芸能人の方たちも実践し、大きな結果を出している方も多いです。

糖質制限ダイエット+筋トレを取り入れているところで有名なのは、
ライザップです。
ライザップのCMを見ればわかる通り、短期間で大きな結果を出すことが可能な方法です。

では、普通のダイエットと何が違うのでしょうか?

従来のダイエットは、食べる量やカロリーの高いものを食べないようにすることで、
摂取カロリーを抑え、体重を減らすカロリー制限ダイエットでした。

カロリー制限ダイエットは、どんな食品がカロリーが高いかを把握しなければならず、
食事の量も少なくしなければならないため知識と精神力が必要なダイエットでした。
継続するのが難しいので、多くの方が挫折したダイエットです。

糖質制限ダイエットは、
糖質さえとらないようにしていれば、
食べる量は減らす必要がなく、(むしろいっぱい食べたほうがいい)
カロリー制限ダイエットほどは知識が必要なく、
そして短期間で大きな結果が出るダイエットといえます。

上記の事から、私は糖質制限ダイエットをこれからダイエットをする方にお勧めしています。

なぜ糖質制限ダイエットはたくさん食べても大丈夫なのか?

ダイエットは、基本的にいっぱい食べてはいけないというイメージがあると思います。

ところが糖質制限ダイエットは、ルールさえ守ればいくら食べても大丈夫なのです。
その仕組みをこれから説明しますが、難しいようであれば飛ばしてしまって大丈夫です。

私たちの体がなぜ太るのか?
それは糖質を摂取することで、体中に栄養が行き渡るからなのです。
糖質を摂取すると、インシュリンというホルモンが分泌されます。
このインシュリンが、体中に栄養を送り、
余った栄養を脂肪として蓄積するのです。

インシュリンが分泌される理由としては、
糖質は人間の主なエネルギー源の一つですが、
体内の血糖値が上がりすぎると体に害を及ぼすためです。
このインシュリンに異常が起きてしまうのが糖尿病という病気です。

では、糖質を摂取しない糖質制限ダイエットの場合はどうなるのか?

糖質制限中の場合、糖分を摂取していないので、インシュリンも分泌されません。
インシュリンが分泌されないので、体中に脂肪が蓄積されることもないのです。

なので、いくら食べても太ることがない状態です。

その上、糖質制限中は体の脂肪をエネルギーとして利用するケトン体という
物質が分泌されるので、体脂肪がどんどん減っていくのです。
(この状態をケトーシスといいます。あとで詳しく説明します。)

これにより、糖質を取らなくても人間は問題なく生きていくことが可能なのです。

以上が糖質制限ダイエットの仕組みになります。

糖質制限ダイエットって、具体的に何を制限すればいいの?

糖質制限ダイエットがお勧めな理由は、なんとなくわかっていただけたかな?と思います。

では、具体的に何を減らせば糖質制限ダイエットになるのでしょう?

糖質とは、甘いものや炭水化物に含まれている糖分の事を指しています。
甘いものや、ごはんやパンを食べないようにすることで、
糖質制限をすることが可能になります。

それ以外にも、野菜の中には糖質が多く含まれているものが存在します。
また、ソーセージやヨーグルトの中にも、糖質が意外と多く含まれています。

では何を食べればいいのか?

それは下記の項目を参照してください。

糖質制限で食べていいもの、食べてはいけないもの

糖質は、普段我々が入っているとは思わない食材に多く含まれていたりするものです。
食べてはいけないものを食べてしまうと、糖質制限の効果が出ないので要注意です。

食べていいもの
・肉(ソーセージやハムのように加工していないもの。生肉を焼いたりするのがおすすめです)
・魚(魚も生魚、もしくは焼き魚がおすすめです。)
・卵(卵は糖質が含まれていません。どんどん食べてください。)
・チーズ(チーズは乳製品の中で最も糖質が少ないです。)
・レタス・ブロッコリー(野菜の中では糖質がほとんどない野菜です。)
・ダイエットコーラ(ダイエットコーラの甘味料は、糖質ではありませんので大丈夫です。)

食べてはいけないもの
・炭水化物(食べる機会が多いであろう米・小麦・じゃがいもは厳禁です。)
・揚げ物(衣が小麦でできているので食べてはいけません。)
・お菓子(砂糖が多く含まれているので食べてはいけません。)
・野菜(野菜の中でも特に根菜が糖質が多く含まれています。糖質が含まれているかどうかわからない野菜に関しては、食べるのを控えるか、ちゃんと調べてから食べましょう。)
・果物(果物には果糖という糖分が多く含まれています。)
・牛乳(一見糖質が含まれてないように見えますが、糖分が多いので控えましょう。)
・ヨーグルト(牛乳と同じく糖分が多く含まれています。)

以上です。
ここに載っていないものは、食べるのを控えるか、
インターネットで調べるか成分表示をよく見てから食べるようにしましょう。

実際どのぐらい効果が出るの?

私が糖質制限ダイエットをはじめたときは、
最初は晩御飯にお米を食べないようにするところから始めました。
それだけでは、あまり効果が出ないような気がするかもしれませんが、
私の場合は、週2回の筋トレもすることで一ヶ月で8kg減量することができました。

最初はそのぐらいでも十分に効果が出ます。
その後私は完全に糖質を制限し、筋トレも併用することで、
4ヶ月で15㎏の減量に成功しました。
おそらく、最初から完全に糖質を制限していれば、もっと早く効果が出たでしょう。

本当の効果を得るためには、糖質をほぼ完全にカットする必要があります。
糖質制限ダイエットの効果を最大限に発揮するには、ケトーシスに入る必要があるからです。

糖質制限ダイエットの効果を最大限に発揮!ケトーシスに入る方法を知る

糖質制限ダイエットの効果を最大限に発揮するためには、
ただ糖質を今までよりも減らせばいいというものではありません。

糖質をほぼ完全にカットすることで、ケトーシスという状態に入ることができます。
ケトーシスに入ることで、体脂肪を分解してエネルギーに変える
ケトン体が分泌され、体脂肪がどんどん落ちていきます。

どのぐらい糖質を減らせばいいかというと、
一日の糖質の摂取量を20g以下に抑える必要があります。

白米茶碗一杯分が55.1gなので、
炭水化物やお菓子など、糖質の高いものは一切食べないぐらいの制限が必要です。

ケトーシスに入るためには、
一定期間糖質を20g以下に抑えなければいけません。

これは個人差がありますが、
糖質制限をしたことがない人ならば大体2週間ぐらいといわれています。
糖質制限をしたことがある人ならば、もっと早くなることもあるようです。

ダイエットをさらに加速するには?筋トレも取り入れてみましょう。

糖質制限ダイエットだけでも十分に効果は出ますが、
筋トレも同時に行うことでさらに効果が出ます。

ダイエットでは、痩せることはできますが、
それでは貧相な体になってしまう可能性があります。

皆さんが痩せたい理由は、ただ体重の数字を減らしたいだけではなく、
キレイになりたい、かっこよくなりたいというのが目的だと思います。

キレイな体型、かっこいい体型になるためには筋トレが必要です。

ここでは詳しくは説明しませんが、まず痩せるためにはどんな筋トレがいいか?
を解説したいと思います。

痩せるためには、体の大きい部分の筋肉を鍛えるのが有効です。
体の中で大きい筋肉とは、
太もも、尻、背中、胸などです。

これらの筋肉を鍛えることで、あなたのダイエットのスピードはさらに加速するでしょう。

最後に

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。
正しい方法でダイエットに取り組めば、
経験がない方でも必ず結果は出ます。

ぜひ、糖質制限ダイエットに取り組んでみてください。
この記事があなたのダイエットのお役に立てば幸いです。

1