1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

蔵王

最高峰の熊野岳、地蔵山、刈田岳など1700m級の山々が連なる。蔵王国定公園、中央蔵王を巡る蔵王エコーライン、ハイライン沿いには御釜など自然景観に富む名所が数多く点在する。

山腹にはカエデ、ナラ、ブナなど落葉樹が密生し、ドライブしながらでも美しい紅葉を見ることができる。

蔵王の刈田峠。紅葉の進み方からすれば見頃なんだけど,この前の台風でだいぶ葉が落ちたようだ。 pic.twitter.com/IL2cTtavNS

蔵王の紅葉は上の方が見頃 まだまだこれからですね(´ω`) 峩々温泉に入れたのは大きな収穫… pic.twitter.com/uL4TvJTwIo

今日の蔵王エコーライン紅葉ツーリング、かなりエモかった~ 途中エンカしたVal (@nmc4209)さんもありがとーございやした(* ´ ▽ ` *) pic.twitter.com/AAzEp6iAMW

栗駒山

2018・10・6 栗駒山 「神の絨毯」と称される紅葉 ミズナラ、カエデなど見渡す限りオレンジ、黄色、緑のグラデーション。上空に広がる青空。 pic.twitter.com/rGCqsx94Rp

岩手、宮城、秋田三県に広がる名峰、栗駒山は、ブナ、ナナカマドなどが全山を覆い、雄大な自然美を楽しめる。

東北地方のほぼ中央に位置し、山頂からは太平洋までが一望できる絶景地。中腹には毎分6000リットル湧出する須川温泉がある。

今日は栗駒山にツーリングw天気良くて最高でした( ´ ▽ ` ) 紅葉も綺麗で目的地としてベストチョイスw pic.twitter.com/tURthRfXWM

奥入瀬渓流

奥入瀬渓流は十和田湖から流出する唯一の河川。湖の子ノ口から焼山まで約14kmの間、千変万化の渓流美と14の滝巡りが楽しめる、四季を通じての景勝地。

下流の焼山から行くと、三乱の流れ、阿修羅の流れなどがあり、渓流の中程になると2段に屈折して流れ落ちる落差約20mの瀑布、雲井の滝がある。

御朱印をいただいた後は奥入瀬渓流トレッキング♪ 帰りにきりたんぽを食べたけど甘じょっぱくてクセになる #トレッキング #山と食欲と私 pic.twitter.com/Fng6o6HbuE

@daifuku19720505 青森の紅葉はいいですぞ八甲田に奥入瀬渓流・十和田。これからがピークを迎えます pic.twitter.com/SLFJqjGUcv

岩木山

今日は、シュートメのお供で、秋の岩木山にドライブ。紅葉は、まだ見頃ではない気がするんですが、ニュースでは、見頃だと言ってました。むむむむむ? pic.twitter.com/ry08b2EeBd

津軽富士と称される岩木山は、9月中旬から山頂が色づき、日を追うごとに麓へと移っていく。

山頂の初雪の白と麓のオオヤマザクラの真っ赤な紅葉、老松の緑は見事なコントラストを見せてくれる。

1 2