1. まとめトップ

二転三転する林宏司脚本が見事すぎる!『ドロ刑 』(初回)

汐留署地域課に勤務する斑目(中島健人)は、突然、警視庁捜査三課に異動を命じられる。そんな中、斑目は偶然立ち寄ったバーで、警視庁が追う大泥棒・煙鴉(遠藤憲一)と出会い…。テンポよく、二転三転して鮮やかなラストへ導く林宏司の脚本が見事。中島と遠藤の凸凹バディ感もいい。中村倫也ら共演陣もさすが。

更新日: 2018年10月19日

1 お気に入り 3446 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◇中島健人が初の刑事役を演じる新ドラマ

中島健人(Sexy Zone)が、10月にスタートするドラマ「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」(日本テレビ系・土曜夜10時)に主演することが決定した。中島は、初の刑事役に挑戦となり、相棒役は遠藤憲一。

本作は、週刊ヤングジャンプで連載中の福田秀によるマンガ「ドロ刑」を原作とした刑事ドラマ。新米刑事の斑目勉が、伝説の大泥棒・煙鴉とコンビを組んでさまざまな事件に挑むさまを描く。

「お義父さんと呼ばせて」の林宏司が脚本を手がける。

『コード・ブルー』『医龍』『ハゲタカ』ほか

◇初回あらすじ

顔と若さだけが取りえの斑目は、汐留署地域課に勤務する今どき男子。ある日突然、窃盗犯を取り扱う警視庁捜査三課に異動を命じられる。

そんな中、斑目は偶然立ち寄ったバーで、警視庁が追う大泥棒・煙鴉と出会い、ひょんなことから空き巣の瀬戸(高橋克実)の事件捜査のアドバイスを得る。

初戦の相手は、プライドの高い稀代の空き巣「キツツキのマサ」(高橋克実)。捜査三課を舞台にプロvsプロの対決の幕が上がる!

◆初回スタート 犯行現場から華麗に立ち去る煙鴉

◆電車内のスリも見て見ぬふりをしようとする斑目

◆見て見ぬふりしたことを怒られる班目

1 2 3 4 5