1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

この秋に大注目の神きっぷ

JRグループでは、10月14日の「鉄道の日」に合わせて、普通列車の旅を満喫していただくため、2018年度も「秋の乗り放題パス」を発売

「秋の乗り放題パス」の販売期間は2018年9月15日から10月19日まで。大人は7,710円、子どもは3,850円。

利用期間は2018年10月6日から21日のうち、連続する3日。

簡単にいうとどんな切符?

北海道新幹線・道南いさりび鉄道線を利用できる「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」も発売。

「青春18切符」とは何が違うの?

1日あたりの金額は「秋の乗り放題パス」が2570円、「18きっぷ」が2370円で、ほぼ同額になります。

18きっぷは5回分を一気に続けて使ってもいいし、有効期間中なら何回かにわけて使ってもかまわない。

また、友人などと一緒に使うことも可能。

「秋の乗り放題パス」は、利用期間中の「連続する3日間」に「ひとり」で使うことができます。

『秋の乗り放題パス』は連続使用という条件こそありますが、3日分なので一般の人でも使いやすい。

「夏場よりも混んでいない」との声も

秋の乗り放題パスシーズンは18きっぷシーズンほど混んでなくていいな。知名度の差なのだろうか。

順調に乗り継いできて平塚から7時間、いつもよりかなり早い時間帯に滋賀に到達した。伊吹山と新幹線の組み合わせは案外撮れないんだけど、きょうはゲットできた。「秋の乗り放題パス」は、18きっぷシーズンに比べて全体的に電車が空いているので快適だ。(^o^) pic.twitter.com/0UAwEewAYv

SNSでは「簡単に元が取れた」と評判

例えば、東京から郡山なら新幹線を使わず片道で4000円。往復すればそれだけできっぷの元が取れる計算です。

秋の乗り放題パスのお陰で、電車賃20310円かかるところを7710円で済んだのは良かった。来年も発売したら使おう…

秋の乗り放題パス行使中。豊橋で藤田屋の大あんまき全種類買ってやったぜ!昼食のお稲荷さんも買ったぜ! pic.twitter.com/PqGyzF4S9P

1 2