痔の受診率は4割弱にとどまり、逆に誰にも相談せず一人で悩む人も4割強に上ることがわかった。また、実際に治療を受けた人の満足度は痔の種類によって異なるが平均で6割、不満足度は1.5割であった。痔に関する情報は「インターネット」を参考にする人が多く、何も調べずに治療を受けた人は2割弱しかいなかった(主な結論は後述)。

出典「痔の大規模患者調査」 受診率は4割、誰にも相談せず一人で悩むのも4割 患者視点に立った治療選択、ならびに疾患啓発の展開が求められる - 株式会社QLife(キューライフ)

前へ 次へ