1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

永野芽郁×北村匠海『君は月夜に光り輝く』も!「新作映画」情報まとめ

注目の「新作映画」情報4作品のまとめ。朝ドラ『半分、青い。』以降、永野芽郁が映画初主演し、『キミスイ』の北村匠海と月川翔監督が再タッグを組む『君は月夜に光り輝く』のほか、今石洋之監督×脚本家・中島かずきのオリジナルアニメ『プロメア』、小倉優香初主演『レッド・ブレイド』、青春映画『私たちは、』。

更新日: 2018年12月10日

2 お気に入り 3839 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『レッド・ブレイド』(12月15日公開)

土屋太鳳主演ドラマ「チア☆ダン」(TBS系)にも出演、女優の他、モデルやグラビアアイドルとしても活躍中の小倉優香が、「レッド・ブレイド」で映画初主演。

『冷たい熱帯魚』『愛のむきだし』の園原案によるアクションエンターテインメント。『HiGH&LOW THE RED RAIN』のアクション監督や『RE:BORN リボーン』主演で知られる坂口と、『コントロール・オブ・バイオレンス』の石原貴洋がメガホンを取る。

物語は、いじめられっ子の高校生・マコが、図書室で見つけた忍者の児童書「雷風刃」に導かれ、江戸時代の伊賀へタイムスリップ。伝説の忍者・才蔵や仲間たちとともに、修行に励みながら、現実世界と仮想世界に忍び寄る巨大な悪に立ち向かう姿を描く。

俺の大好きな、くノ一物の映画だ!小倉優香主演の『レッド・ブレイド』12/15公開! 榊英雄さんも出演(*´∀`)♪ @izumimaria https://t.co/KVtfRATngC pic.twitter.com/v9ICXHsN3J

#坂口拓 総合演出ですと! 石原監督、園子温原案。 “リアル峰不二子”小倉優香、映画初主演で本格アクション<レッド・ブレイド> - モデルプレス“ mdpr.jp/cinema/amp/179…

◆『君は月夜に光り輝く』(2019年3月15日公開)

永野芽郁と北村匠海のW主演で「君は月夜に光り輝く」映画化、監督は月川翔(コメントあり) #永野芽郁 #北村匠海 #DISH natalie.mu/eiga/news/3036… pic.twitter.com/F56YQHLYq7

永野芽郁と北村匠海が、月川翔監督の最新作「君は月夜に光り輝く」にダブル主演し、初共演。永野にとっては、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で座長を務めて以降、初の映画主演となる。

死期が近づくにつれて肌が光るという不治の病“発光病”を患う余命いくばくもない少女・渡良瀬まみずと、病院から出ることを許されない彼女の願いを“代行体験”という形で叶えていく少年・岡田卓也による純愛物語が描かれる。

監督・脚本を手掛けるのは、余命わずかなヒロインと同級生の青春ラブストーリー『君の膵臓をたべたい』を大ヒットさせた月川翔。同作で日本アカデミー賞新人俳優賞に輝いた北村。

北村匠海、映画:君は月夜に光り輝く、永野芽郁ちゃんと主演!!!!!!

◆『私たちは、』(2019年春公開)

女優を目指す女子高生たちの青春を痛々しいほどリアルに描く映画『私たちは、』(監督・脚本・編集:勝又悠)。

前半はドキュメンタリーパート、後半は短編映画として構成される本作。ドキュメンタリーパートでは竹内詩乃、瑚々、広橋佳苗、水原雅、結城亜実という5人の少女が本物の女優になるため、監督・勝又悠のもと1本の映画を作るプロジェクトに参加する。

後半の短編映画「私たちは、」は、日々や将来に不安を抱く女子高生5人が「大人になりたくないツアー」と称した旅に出るというストーリーのロードムービーだ。

【クラウドファンディング開始!】 <少女たちが挑む映画の新境地!> 2018年春の劇場公開に先駆けて、『私たちは、』を応援してくださる仲間を募集いたします。 夢に向かってガムシャラに駆け出した彼女たちの挑戦を是非応援をお願いします! https://t.co/BQnmFQOLub pic.twitter.com/VTSraNeID2

気になる!藍坊主主題歌でまさかのふじもり氏が出演するなんて、、w 平均年齢15.8歳、5人の少女が女優目指す姿をリアルに記録「私たちは、」公開 - 映画ナタリー natalie.mu/eiga/news/3033…

◆『プロメア』(2019年公開)

世界大炎上!今石洋之×中島かずきの新作アニメ「プロメア」2019年劇場公開(動画あり) natalie.mu/comic/news/303… pic.twitter.com/WtLPXR8aNW

テレビアニメ「天元突破グレンラガン」「キルラキル」を手がけた今石洋之監督と脚本家・中島かずきが再タッグを組んだオリジナル劇場アニメ。

アニメーション制作はTRIGGER、製作はゲームアプリ「モンスターストライク」で知られるXFLAGが担当する。

キャラクターデザインは、ディズニー映画『ベイマックス』のコンセプトデザインを手掛けたコヤマシゲト。音楽は『進撃の巨人』ほか、数々の作品で知られる澤野弘之。美術監督には『メアリと魔女の花』の久保友孝、さらにタイトルロゴデザインを『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズでパッケージデザインを務めた市古斉史が担当。

ストーリー詳細は明らかになっていないが、市古がデザインし、コヤマが描きおろしたティザービジュアルには、燃え上がる街をバックに、火消しの象徴である「マトイ」を手にしたキャラクターが配されている。

1 2