1. まとめトップ

スニーカーの種類

ハイカット、ミッドカット、ローカットについてのまとめです。

更新日: 2018年10月11日

2 お気に入り 2038 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

大坂小坂さん

スニーカーの種類

スニーカーは、履き口(靴に足を入れる部分)の高さで、次の三種類に分けられています。

1、ハイカット
2、ミッドカット(ミドルカットともいう)
3、ローカット

まずは、それぞれの高さをまとめます。

ハイカットのスニーカーというのは一般的に「くるぶしの上まで覆う高さのあるスニーカー」、というのが定義となっています

ミッドカットスニーカーの定義というのは明確に存在するわけではありませんが、一般的には「くるぶしが隠れる程度の高さのあるスニーカー」とされています。

ミッドカットは、ミドルカットともいいます。
ミッドは、ミドルの省略形と考えれば大丈夫です。
日本語では、ミッドもミドルも文字数は同じですが、英語では変わります。

ミドルはmiddle
ミッドはmid

ローカットのスニーカーというのは「足のくるぶしよりも下でカットされたスニーカー」です。

普通の靴と考えれば大丈夫です。

ハイカットの説明は、文章だけではわかりにくいと思うので、下の画像を見てください。

ハイカットのスニーカーを履くと、くるぶしの上のあたりまで隠れます。

隠れるというよりは、覆われるといった方が正しいのかもしれません。

まあ、細かいことは良いでしょう。
ハイカットは、このくらいの高さがある。
と、考えれば大丈夫です。

初めて履いた時には、違和感を抱くかもしれませんが、そのうち慣れます。日常生活を送るうえで、問題になることはないでしょう。

※画像は女性用のスニーカーですが、男性用でも同じくらいの高さがあります。
※男女兼用――ユニセックスの場合も同じです。
※性別によって変わることはないです。

ミッドカットはわかりにくいと思います。
実際に履いてみるのが一番ですが、近くにお店がない場合には難しいでしょう。
ハイカットよりも「少し低い」と考えれば良いと思います。

エアジョーダン1のミッドカットモデルです。

エアジョーダン1にはハイカットモデルもあります。何が違うのかというと、靴紐を通す穴の数が違います。

エアジョーダン1のミッドカットモデルは、ハイカットモデルよりも、靴ひもを通す穴「1つ分」短くなっています。

エアジョーダン1のハイカットです。
靴ひもを通す穴の数を数えてみてください。

靴の形こそ、ミッドカットモデルも、ハイカットモデルも似ていますが、高さは違います。

画像ではわかりにくいと思いますが……

ローカットはわざわざ説明しなくても、大丈夫と思います。

見ればわかる通りです。
多くの人が普段、履いている靴はこの高さでしょう。

1