1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

全勝のセルビア撃破で大金星!女子バレーボール日本が凄すぎる!

バレーボール女子の世界選手権は10日、E組3位の日本は、同1位のセルビアと対戦、3-1(15-25、25-23、25-23、25-23)で勝利しました。

更新日: 2018年10月11日

12 お気に入り 30757 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●9月29日『2018世界バレー女子大会-JAPAN-』が開幕

【#バレー】女子バレー世界選手権、日本はカメルーンを相手に第1セットを25-19で先取。第2セットも25-20で一進一退の攻防を制して連取❕ 速報はこちら bit.ly/2P6UjyK #バレーボール #火の鳥NIPPON #世界バレー #世界選手権 (写真:坂本清) pic.twitter.com/KGP8xmTLmo

日本は2年後の東京オリンピックに向けて、8年ぶりとなる今大会でのメダル獲得を目標に掲げている。

・1次リーグの最終戦では、ドイツにストレート勝ち!

【#バレー】女子バレー世界選手権のドイツ戦は、第1セットから激しい点の取り合いに。27-25で日本が先取! 速報はこちら bit.ly/2zReqvz #バレーボール #火の鳥NIPPON #世界バレー #世界選手権 (写真:坂本清) pic.twitter.com/c1K6i5kFhg

1次リーグの最終戦で日本はドイツと対戦し、セットカウント3対0のストレートで勝ち

横浜アリーナで迎えた最終日、日本はドイツにストレートで勝ち、4勝1敗でプールA2位での通過を決めた。

●2次リーグ初戦では、ドミニカ共和国にフルセットの末、3−2で勝利!

【#バレー】女子バレー世界選手権ドミニカ共和国戦、日本は25-17と危なげない戦いで第1セットを先取しました❗️(写真:坂本清) 速報⇒ow.ly/tvCk30m8bdS #バレーボール #火の鳥NIPPON #世界バレー #世界選手権 pic.twitter.com/pl84YTeD9x

世界ランク6位の日本は、同9位のドミニカ共和国をフルセットで退け、2次リーグで白星スタートを切った

古賀紗理那(22=NEC)、黒後愛(20=東レ)の両エースが力を発揮し、最終セットは石井優希(27=久光製薬)が要所で決めて振り切った。

バレーボール女子の世界選手権は8チームずつ、2つのグループによる2次リーグが行われていて、

●続いてプエルトリコ戦では、3―0で快勝!

【#バレー】女子バレー世界選手権プエルトリコ戦、第1セットは終盤に追い上げを許すも、リードを保った日本が先取。続く2セット目を連取し、相手にプレッシャーをかけられるか!?(写真:坂本清) 速報はこちら bit.ly/2RyHdfd #バレーボール #火の鳥NIPPON #世界バレー #世界選手権 pic.twitter.com/wCZYJRhLlC

バレーボール女子の世界選手権第8日。2次リーグが行われ、E組の日本はプエルトリコに3―0で快勝し、通算成績を6勝1敗とした。

日本は第1セット、奥村(ナコンラチャシマ)の攻撃が好調で25―22で先取。第2セットは荒木(トヨタ車体)の速攻が決まって25―14で連取

●2次リーグ3戦目は、ここまで全勝のセルビアと対戦

・第1セットは、15-25でセルビアに奪われた

【#バレー】女子バレー世界選手権、日本はセルビアと対戦。第1セットは長岡のスパイクや荒木の速攻とブロック、途中出場の石井のスパイクで応戦するも、15-25で落としました。 詳細スコアはこちら bit.ly/2QIdoYs #バレーボール #火の鳥NIPPON #世界バレー #世界選手権 (写真:坂本清) pic.twitter.com/GbzlVMbP7w

バレーボール女子世界選手権は10日、2次リーグ(L)が名古屋・日本ガイシホールほかで行われ、E組3位の日本は、同1位のセルビアと対戦

スタートはチームに勢いがなく、第1セットを15-25でセルビアに奪われたが、第2セット以降、サーブで攻め、

・しかし、日本のレシーブやスパイクが光り3セット連取で勝利!

【#世界バレー】 日本vsセルビア放送中 日本、セルビアを逆転❗️2セット奪取‼️ 日本2-1セルビア きゃー!!!!!頑張れ 【#TBS 系列放送中】 pic.twitter.com/DFOVKJvMBo

第3セットは5連続得点を見せるなど一気に立て直す。しかし、相手エースのミハイロビッチのミスなどもあり、中盤にきて逆転。長岡、古賀のスパイクが冴え25―23と2セットを連取

第4セットは序盤から点の取り合いに。セルビアにリードを許していたが、15―18から5連続得点を挙げて逆転。最後までもつれたが3セットを連取

リベロ・井上琴絵を中心とした粘りあるスパイクレシーブが光り、3-1(15-25、25-23、25-23、25-23)で勝利した。

1 2