1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

2018年に監督デビューした著名なサッカー選手

2018年には、数多くの名選手が監督デビューを果たしました。2018年に監督デビューした著名なサッカー選手をまとめました。

更新日: 2018年12月02日

5 お気に入り 8640 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

海外サッカー好きです。

soccgamerさん

スティーブン・ジェラード

リバプールのレジェンドであるジェラード。ジェラードは。スコットランドの名門チームであるレンジャーズで監督としてのキャリアを開始しました。
いずれはリバプールを率いることになるでしょう。

スコティッシュ・プレミアシップのレンジャーズは4日、元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラード氏が次期監督に決まったことをクラブ公式サイトで発表した。契約は今夏から4年間。

現役時代は…

強力なキャプテンシーと中距離砲を兼備したリバプールの英雄。最後まで試合を諦めない姿勢はチームを鼓舞する。

現役時代のほとんどをリバプールで過ごしたこともあり、獲得したタイトルの数は少なめ。ただ、キャリアをリバプールに捧げた分だけ、リバプールのサポーターからは愛されている。

フランク・ランパード

ジェラードだけでなく、ランパードも監督としてのキャリアを開始しています。ランパードは、2部のチームを率いています。

元イングランド代表MFフランク・ランパード氏が、チャンピオンシップ(英2部)のダービー・カウンティの指揮官に就任したことが発表された。

今シーズン、ダービーを率いたギャリー・ロウェット監督が、プレミアリーグから降格したストーク・シティに引き抜かれたことで、指揮官のポストが空席に。そして、その後任としてランパードに白羽の矢が立ち、2021年までの契約を結んだ。

現役時代は…

チェルシーとイングランド代表で活躍した名選手。中盤の選手ながら、得点能力が非常に高いことが特徴。イングランド代表で中盤のコンビを組んだスティーヴン・ジェラードと比較されることもある。

ジョーイ・バートン

悪童として知られているバートン。
バートンはイングランド3部の監督に就任したようです。どのようなチームをつくるのか気になります。

サッカー界きっての“悪童”として知られるジョーイ・バートンが監督業を始める。18日、イングランド3部フリートウッド・タウンの指揮官に就任することが発表された。

フリートウッド・タウンと3年契約を結んだバートンは「このチャレンジとフリートウッド・タウンのプロジェクトにワクワクしている。このクラブのことは昔からよく知っているし、会長との関係も良好だ」と初の指揮官就任への喜びを語った。

現役時代は…

現役時代のバートンといえば、サッカー界きっての問題児として有名だった。暴力沙汰は日常茶飯事。選手キャリアの終盤には、10年にわたって1260試合で賭けをしていることが発覚し、18ヶ月の出場停止処分を受けた。

ティエリ・アンリ

アーセナルのレジェンドであるアンリ氏。今シーズン途中からモナコを率いることになりました。しかし、アンリ氏が就任してもモナコの調子は悪いままです。

アンリ氏が原因というよりは、戦力の放出が原因の低迷ではあるのですが…

モナコは13日、元フランス代表FWのティエリ・アンリ氏(41)が新監督に就任することを発表した。契約は2021年6月末までとなっている。

2016-17シーズンにモナコに17年ぶりのリーグ優勝をもたらしたレオナルド・ジャルディム(Leonardo Jardim)前監督は、現在リーグ戦で降格圏内に沈むなど成績不振により11日に解任された。

現役時代は…

一瞬でDFを置き去る瞬発力、正確なキックで最高ランクに位置するウィング型のFW。おもに3トップの左でプレーし、左斜め45度からの右足シュートは絶品で「アンリゾーン」とも呼ばれるほど。

アーセナルの黄金時代を支えた一人。高いシュート精度を誇り、アーセナルでは4度のプレミア得点王を獲得。アーセナルがプレミアリーグで無敗優勝を達成したときの主力選手。

本田圭祐

今シーズンからオーストラリアでプレーしている本田選手。現役選手にも関わらず実質代表監督をこなしています。

本田選手自身はライセンスを所持していないため、真の(?)監督は別にいます。

オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリー加入が発表されたばかりの日本代表FW本田圭佑(32)が、カンボジア代表の『Head of delegation』に就任することがわかった。これは実質的な“監督”のポジションだという。

1 2