1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

簡単でおしゃれ☆ブルーベリーのトライフル☆

ブルーベリー(生または缶詰)・・150g
 カステラ(市販品)   ・・4~5枚
 クリームチーズ    ・・100g
 プレーンヨーグルト  ・・200g
 グラニュー糖     ・・40g
 あればミントの葉   ・・適量

作り方↓
https://blog.goo.ne.jp/chocolat-kt/e/9781c9e1e603f784f12aeb6b4796fc94?fm=rss

イチゴのトライフル

(2~4人分)
スポンジケーキ:1/4ホール
(今回ID1700007464を使用)
イチゴ:1パック
ホイップクリーム:大さじ6
卵:1個
牛乳:180cc
砂糖:40g
薄力粉:15g
バニラエッセンス:5滴
ラム酒:小さじ2~3

作り方↓
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1700007482

ざくっとしっとり☆グラノーラヨーグルトライフル♪

(1人分)
プレーンヨーグルト:100g
カステラ(スポンジ):1~2切れ
フルーツグラノーラ:大さじ2

作り方↓
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1810003718

見た目はカリッとグラノーラヨーグルト!でも、食べると・・・意外なしっとり感が♪

★スイスロールで簡単イングリッシュトライフル★

(4~5人分)
スイスロール:1本
ゼラチン:大匙1
水:大匙3
果物缶詰(みかん、黄桃、マンゴーなど):1個
バナナ、イチゴなどの果物:適量
カスタードクリーム:適量

作り方↓
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1020000362

今回はマンゴーの缶詰を利用しました。簡単で美味しいイングリッシュトライフル。あまったスポンジケーキやカステラでもOK♪

みかんのトライフル

今朝は、簡単すぎるレシピ、みかんのトライフルをいただきました。みかん缶と生クリームとカステラで簡単に出来るレシピです♪

トリプルチョコレートのトライフル・ラズベリー入り

・無塩バター・485g
・無糖チョコレート(刻む)・85g
・ココアパウダー(無糖)・1/2カップ
・グラニュー糖・2.5カップ
・卵(溶く)・3個
・バニラエッセンス・大1
・小麦粉・1.5カップ
・コーシャソルト・小1/2
・コニャック・大3
・グラニュー糖・1/2カップ
・ココアパウダー(無糖)・大8
・コーンスターチ・大2
・塩・1つまみ
・全脂牛乳・1と3/4カップ
・ヘビークリーム・3カップ
・卵黄・大2個


作り方↓
http://recipe-fuyaso.seesaa.net/article/459909814.html

お子様も一緒に召し上がる場合は、コニャックはスキップしてくだ
さい。

ベリー&ベリーのトライフル

いちご 適量
ブルーベリー 適量
パイナップル 適量
スポンジケーキミックス 130g
卵1個 水30cc
はちみつ 大さじ1
レモン果汁 大さじ1

作り方↓
http://frozenlemon.jugem.jp/?eid=443

ベリーがたくさんだから「Very Berry」の意味も込めてます。ほかにもベリー類があればもっとよかったんですけどね。

かぼちゃとマーマレードのトライフル

かぼちゃ餡(作り方は※1)
マーマレード
豆乳ヨーグルトまたはヨーグルト
玄米フレークまたはコーンフレーク
米粉のスポンジ(作り方は※2 出来上がり量のうち1/4量を使用)

作り方↓
https://ameblo.jp/irodorinotane/entry-12210592617.html

栗渋皮煮のトライフル

☆スポンジケーキ…12cm丸型・約100g分
 卵 50g (M1個)
 グラニュー糖 30g
 薄力粉 30g
 牛乳 10cc
 無塩バター 7g

☆マロンクリーム…200g強
 栗の渋皮煮 160g
 生クリーム 50cc

☆全卵カスタード…150g
 卵 30g
 グラニュー糖 35g
 薄力粉 6g
 牛乳 120cc
 バニラビーンズ 2cm分
  (またはバニラエッセンスやオイル適量)

作り方↓
https://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-12199194146.html

材料は、名前の横に書いている重さを目安に、市販のもので揃えることもできます。

ホットケーキで簡単スイーツ!いちごトライフル

・ホットケーキミックス 150g
・卵 1個
・牛乳 100ml
・サラダ油 適量
・イチゴ 4個
・粉砂糖 適量
・レンジカスタードクリーム 適量(この分量でOKです)

作り方↓
http://shimanto-miyachan.blog.jp/archives/23774095.html

1 2