1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

金本監督が退任へ…来季後継者としてふさわしいのは誰?

金本監督が退任を表明しました。Twitterでは早くも後任監督人事が進んでいるようです。

更新日: 2018年10月11日

2 お気に入り 3699 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・金本監督が辞任を表明した

阪神・金本知憲監督(50)が成績不振の責任を取って、今季限りで辞任することが11日、分かった。

「私の力足らずのため、こういう結果に終わってしまい、心より謝罪とおわびを申し上げます」とファンに向けて謝罪していた。

・今シーズンの阪神は最下位に沈んだ

就任3年目の今季は142試合を戦って61勝72敗2分けで01年以来の最下位に沈んでいた。

この3年間は打順を固定できず、40歳前後のベテランが今も中軸を打っている。

投手陣はここまで踏ん張りを見せて貧打をカバーしてきたが、3年ぶりの2ケタ勝利を期待された藤浪は3勝止まりと、投打に誤算があった。

「平成」は一度も日本一に輝くことなく、リーグ優勝も2005年から遠ざかったまま。

・後任監督は誰がふさわしいのだろう

掛布は二軍監督退任後もオーナー付シニアエグゼクティブアドバイザーとして、坂井オーナーのご意見番を務める。

自主性を重んじる野球は金本監督とは対照的で、伸び悩んでいた若手が飛躍的に成長する可能性がある。

・かつて阪神を優勝に導いた岡田彰布氏の名前も

岡田は、04年から08年まで5年間指揮を執り、05年にはリーグ優勝に導いた実績があって、『特効薬』になり得る。

岡田氏はOBの中でも力を持つ吉田義男氏の派閥に属しているといわれ、その影響力は親会社にまで及ぶという。

本庶さんは『阪神タイガースの大ファン』であり、阪神タイガースの元監督・岡田彰布さんの後援会「メンバーズ80岡田会」の会長を務めている。

・阪神の監督、誰がふさわしい?

カネネ辞めて後任誰や… 和田で落合でも引っ張ってこれるんか…

金本氏、辞任かぁ。 後任は誰になるんだろうね? 落合氏だったら面白い。

阪神、金本監督が辞任へ 最下位になったからケジメをつけたと思う 後任には落合博満氏を推したい 阪神再建には外部から招聘した方が思い切った改革が出来る #阪神 #金本辞任

金本監督の後任 本命矢野さん みたいのは掛布さん 本気で強くするなら落合さん 円も縁もない、野村さん、星野さんも監督やったのだから、落合さんがやっても良いと思う。

1 2