1. まとめトップ
1 お気に入り 2901 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■長丁場のJ2もいよいよ終盤戦

今季の明治安田生命J2リーグも第36節までを消化し、残るは6試合(順延試合を残すチームは7~8試合)となった。

■この時期の注目といえば「昇格争い」

1位と2位は従来どおり自動昇格だが、3位~6位のチームは新たにスタートした「J1参入プレーオフ」に参加しなければならない。

まず3位と6位、4位と5位が対戦して、勝者同士が2回戦を戦い、さらにその勝者がJ1の16位チームと決勝を戦う。

いずれも一発勝負

昨季まではプレーオフの勝者がそのままJ1昇格となっていたが、J1チームとの対戦が新たに追加されたことで、より狭き門になった。

■いま、J2の昇格争いが例年以上の”大混戦”となっている

例年であれば3~4チーム程度の争いに絞られていた自動昇格争いは、最後まで読めない展開となっている。

■残り6試合の注目ポイント

・上位陣との直接対決を3試合残す大分

リーグトップの65ゴールを挙げている破壊力抜群の攻撃力や安定した守備で勝ち点を重ね、現在5連勝中と絶好調の大分。

しかし、町田、松本、横浜FCとの上位直接対決を残しているほか、相性が悪い千葉とのアウェー戦もあり、気の抜けない戦いが続く。

・エース復帰で巻き返しを図る松本山雅

リーグ最少失点の守備力をベースに安定した成績を維持していた松本だが、ここ4試合は1勝3分けとやや調子を落としてきている。

最終的に2位以上の成績を残せるかどうかは、前田大然の復帰と大分戦、東京ヴェルディ戦と続く第39節からの連戦がカギとなる。

・昇格権を持たない町田の戦い

しかし町田はJ1クラブライセンスを保持していないため、仮に町田が2位以上の成績を収めた場合は自動昇格は「1枠」となってしまう。

町田は未消化分2試合が行われるため、今週末から4連戦を迎える

・40節と最終節は大一番

自動昇格とPO圏が実質的に争われそうな上位8つの残りゲームだと ・町田、死のロード4連戦 ・直対なし&ホーム多数の41節 ・上位が意外と残してる金沢戦 あたりが目につく pic.twitter.com/5LoUjr0pDa

最終節では、松本は徳島、町田は東京Vとの直接対決があるほか、大分は山形、横浜FCは甲府という難敵とのアウェー戦を控える。

1 2