1. まとめトップ

【株 初心者】お金のプロが教えてくれた株の初心者にお勧めの「はじめての購入におすすめの株」!!

少しお金にも余裕が出てきて、貯めてきたお金を運用したいと思っている人もいるでしょう。、株をするにはハードルが高いと思っている人も少なくありません。今回は、お金のプロがおすすめする「初めて購入する株」についてご紹介します。経済の流れも理解できる様になりますので、是非これを機にはじめてみて下さいね。

更新日: 2018年10月12日

1 お気に入り 2693 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

『よく知る銘柄を選ぼう』

私たちが生活している中で、身の回りにはモノがあふれています。モノには時代の流れがあり、「はやりすたり」があります。今からはやっていくものは、その会社の業績を伸ばしていく要因となり、結果的に株価にも反映されます。ですから時代背景を読んでこれからはやっていくモノを予想したり、現状のはやり具合をチェックしたりするのもひとつの手です。これは昔の出来事になりますが、1980年代にファミリーコンピューター(ファミコン)がはやりました。この製品は任天堂が作っています。当時は全くの無名で、花札などの家庭用おもちゃ(?)を作っていました。

株価も低迷していましたが、ファミコンの爆発的ヒットでどんどん上がりました。結局言いたいことはその時代に株を買っていれば…、ということですね(笑)。株に「~たら、~れば」は禁句ですが…。時代は流れていますので、そういったチャンスはまた訪れるかもしれませんね。

身近な会社(銘柄)に着目するメリットはたくさんあります。身近な会社ですから、自分自身でその企業の魅力を掘り下げて考えることができます。お店であれば店員とちょっと話してみるだけでも投資のヒントにつながるでしょう。

そして身近にあるので、定期的にその会社のことや商品・サービスを点検できます。こうして得た情報と知見は、外部に頼らない独自の貴重な投資判断の材料になります。株価が大幅に上がったり下がったりしたときに、買うべきかそれとも売るべきか、自信を持って判断ができるようになるのです。筆者は長く株式投資をしてきましたが、このアプローチが最も近道だと確信しています。

お休みの昨日、1日銘柄選びで過ごしたがアメリカも日本も株式が下がりチェックするチャートの先行きが読めず、結局、はじめての株購入を断念。来週の様子にかけたい。その中、M社をエントリーのひとつに。すると今朝の新聞に、そのトップの新サービスへの豊富の記事が目に留まった。なるほど!

『配当金や優待券に合わせて購入しよう』

私たち個人投資家の楽しみのひとつに株主優待があります。株主優待は、会社を資金面から支えてくれている株主に対する会社からのお礼の品と言った意味合い があります。

どの会社にも株主優待があるわけではありませんが、各会社は、多くの人に株主になってもらう目的や、自社製品の宣伝なども兼ねて魅力的な株主優待を用意しています。

例えばある年の株主優待。ハンバーガーチェーンではバーガー類、サイドメニュー、飲み物の無料引換券を株数に応じてもらえますし、航空会社では普通運賃50%割引券や提携ホテルの割引券、ゴルフ場の割引券などが株主優待として用意されています。

子供から大人まで大人気のテーマパーク運営会社では、株数に応じて運営テーマパークの1日パスポートがもらえます。主婦に人気のスーパーは、優待カードがもらえて、さらに株数に応じて割引が受けられます。若者や男性から人気の牛丼屋では、300円のサービス券が1株以上で10枚、10株以上で20枚、20株以上で40枚ももらえます。

普段から牛丼のお世話になっている方にはとってもお得なサービス券ですよね。このように、各社では様々な株主優待を用意しており、どの会社にどんな株主優待があるかを探すだけでも楽しくなってしまいます。

株取引は、あなたの人生を充実させるためのバリエーションのひとつです。売買をするのにも無数のスタイルがあるのに加えて、企業を応援して配当金を受け取ったり、株主優待を満喫したり、楽しむ方法はいろいろあるのです。

はじめて株主優待をやる人にオススメの銘柄 君も桐谷さんになれる! a.msn.com/00/ja-jp/BBkrl…参考になるのかは判りませんが、常日頃利用している鉄道会社(JRを除く)の株を特定数購入して株主優待制度を活用するには如何だろうか?(全線フリーパス等)

『自分が好きな物や会社の株を購入しよう』

株式市場で自由に売買ができる銘柄はおよそ4000ほどあります。この市場に存在するすべての企業の売上高や経常利益、あるいはその他の指標をチェックすることは不可能です。それができれば株式市場で勝てる、あるいは負けない確率はぐんと跳ね上がるかと思いますが、それは机上の空論に過ぎません

初心者のうちは、自分の好きな業界の、自分の好きな銘柄に絞って研究、購入するところから始めたほうがいいでしょう。そうすれば、とりあえず情報が多すぎてどれを買えばいいのかわからないという状況は避けることができますし、知っている会社ならば情報も理解しやすいからです。

毎日使っている美容液や、好きな野球チームはありますか? 回転寿司が好きな方はスシローグローバルホールディングスや、お寿司ロボットをつくっている鈴茂器工という会社もいいですし、子育て中で「母乳実感」哺乳瓶を愛用している方はピジョンの株も身近で愛着を持てるかもしれません。

私たちの日常生活には上場企業が密接にかかわっています。ぜひ、身の回りを見渡して、好きな銘柄を見つけてみてください。そうすれば、いざ投資をしたときに、株価が上がったり下がったりしたときに、その理由が理解しやすいと思います。

新たな投資方針は3つの投資スタイルを同時で行うことに。 1.インデックス投資 →国内、先進国のインデックスファンドを積み立て 2.優良大型高配当銘柄の長期保有 →米国の大型株10銘柄を同率で保有 3.配当&優待目当ての自己満投資 →国内の好きな銘柄を楽しんで購入 #aloha_投資方針

『インデックスに連動したETFのものを購入する』

ETFは私たちのような一般の人が気軽に買ったり売ったりできる、とても便利で魅力あふれる金融商品なんです。

ETFの魅力とは、投資信託と株式投資の両方のメリットを合わせ持っていること。投資信託のように少額の投資資金で本格的な分散投資ができ、さらに株式投資のようにリアルタイムな時価で売買できます。投資家にとってまさに一挙両得ですね。

ETFとは、上場投資信託(Exchange Traded Fund)のことを表します。投資信託が証券取引所に上場しているので、株の売買と同じように証券会社を通して取引ができます。

ETFは、日経平均株価やTOPIXの動きに合わせて、それと同じように動くように作られていますので、株のように投資先の会社を選ぶ必要がありません。「株式投資を始めたいと思っているんだけど、どの会社を選んだらいいのかよくわからない…」という方に取ってうってつけの商品です。

代替案ですが、似たような自動売買の仕組みにトライオートETFがあります。 此方はFXではなくETF(株メイン)を対象として自動売買ですが、こちらなら4万円あれば始められます。 とりあえずはトライオートETFで雰囲気を掴みながら、30万円貯めてはどうでしょうか(^^ゞ semiritaiafx.com/archives/26428…

最新の有力な情報はセミナーや学校で

確実に勝てる方法はない

1 2