1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼ヤバイといわれていたサンシャイン池崎の実家

▼2018年は複数の巨大な台風が日本を直撃 サンシャイン池崎の実家を心配するネット民も少なくなかった

サンシャイン池崎の家、前にテレビで見た時よりひどくなりすぎてて爆笑よりも心配なる

テレビでサンシャイン池崎の実家みてるんだが、自分で家建てられるんじゃないかって気がしてきた。

サンシャイン池崎の実家 終戦直後のバラックを思わせる。 (ただ、中は快適そう) #the夜会

▼実家は極めて危険な状況となっていた

ドアの開閉で壁がグラグラと揺れる玄関、屋外に設置されたトイレは故障中で電気・水道は通っているが、風呂はなし。

トタンで囲んだ8畳ワンルームの居住スペースはまだしも、外観は完全に廃墟と化している。

7月時点で屋根は沈没気味、家全体が歪みを生じ、触るとボロボロと崩れ落ちる、まさに崩壊寸前の状態。

今回の放送では、玄関の屋根はアゴが乗せられるほど沈没、触るとウエハース状に。

家の中もギリギリ。台所の屋根はほぼ無くなり、居住スペースも水漏れが目立つ。大工は「崩れ終わっている。テレビでは見ていたが実物見ると笑えない」と危険性を指摘した。

▼サンシャイン池崎が500万円で新築の家を両親にプレゼントすることを決意

サンシャイン池崎が提案したのが、500万円で空いている土地に新築を建ててあげるというもの。

▼サンシャイン池崎の実家が遂に完成する

今年5月に家のプランを決めて着工開始から2カ月。防火性能も優れたピカピカの平屋が完成した。

ボロボロの玄関はバリアフリー化。しっかりと施錠のできる玄関扉に。仮設の“ボットントイレ”はウォシュレット付き水洗トイレになった。

新築の家に引っ越した池崎の母は息子への手紙を読み上げ「去年は羽毛布団やヒノキ風呂をプレゼントしてくれましたね。今年、家を建てると聞いたときはビックリしました。夢のようです。これからは台風がきても心配しないで過ごせます。こんなにも良くしてくれてありがとう。感謝感謝です。これからも健康に気をつけてがんばってください」と感謝の思いを伝えた。

▼まるで天と地

新しい家に両親は「天と地の差」「こっちに住んでみるとあっちの家に住んでいたのが」と感動していた。

▼建築費用は大幅な値引きが実現して505万円に

1 2