1. まとめトップ

【家計を助ける強い味方】専業主婦でもカードローンを利用可能

専業主婦は家事だけでなく家計の管理をします。上手く管理していても、子どもの教育費や結婚式のご祝儀、ママ友のランチなど急な出費が発生することがあります。そんな出費に備えて、専業主婦はお金を借りれるように準備しないといけません。

更新日: 2018年10月18日

0 お気に入り 68 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Sharkey49さん

専業主婦でも借りられる!オススメのカードローン

「子どもの教育費が足りない」、「お葬式の香典を用意する」というような、急な出費で困ることってありませんか?専業主婦は、上手く家計を管理しているのに、このような出費のせいでお金が足りなくなることが多いです。

最悪の場合お金を借りないといけませんが、両親や友人からお金を借りるのは心苦しいです。ですが、金融機関を利用することも難しいですよね?

大手消費者金融のほとんどが、主婦の利用を可能としているのに、専業主婦は付加としているのには、この安定した収入の違いにあります。

どうやら、カードローンでは、本人による収入のみ、安定した収入とされていて、本人以外の収入は、安定した収入と認められないようですね。

事業資金の借入は、お金を調達することが目的ではありません。

金融機関側は、どれだけ計画的に返済していけるかどうかを見ています。

個人向けだろうと企業向けでも、返済能力がない人にお金を貸すことはないです。専業主婦は自分で働いてお金を稼いでいるわけではないので借りることはできません。

ですが、最近では専業主婦でも利用できるカードローンが増えています。

専業主婦でもカードローンが利用できる理由

専業主婦に適用される限度額は低めに設定されています。カードローンの限度額は最高500万円までとか800万円までとなっていますが、専業主婦の場合は、30万円以下とか50万円以下というところが多いようです。

専業主婦の人は仕事をしていないため、通常のカードローンよりも利用できる限度額は低くなります。ですが、急な出費による不足分を補うのであれば問題ありません。

配偶者貸し付けというのは、収入が無い専業主婦でも借り入れできるように配慮された制度で、総量規制の例外というものですね。配偶者との収入を合算した年収の3分の1までの借り入れが可能となっていますから、銀行カードローンだけではなく消費者金融や信販会社のカードローンも利用することが出来るんですよ。

主婦ではなく、配偶者である夫の収入をもとに借り入れできる制度です。

このように、働いていない主婦でもカードローンを利用できるので、家計が苦しくても気軽に利用できます。借りる額も高くなければ、日々の節約で問題なく返せるでしょう。

オススメしたいカードローン

三井住友銀行は専業主婦の方が申し込みしやすいカードローン会社、専業主婦にとって心強い銀行カードローンという印象を受けました。

なぜなら、

毎月の返済はどれだけローンを組んでも1万円。
他カードローン会社と比べての金利の低さ。
専業主婦で無職でも申し込みOK。
口座を開設せず、最短1時間で融資が可能。

専業主婦でも利用できるカードローン
アイフル『キャッシングローン』
イオン銀行カードローン
東京スター銀行カードローン『スターカードローン』
三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』
楽天銀行カードローン『スーパーカードローン』

専業主婦と一番相性がいいカードローンはスルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」です。

返済は10万円借りても毎月3000円からでOKで、手数料無料で全てのコンビニATMが利用できます。スルガ銀行の口座を持ってなくても「申し込んだ日に即借り入れ」できるのも嬉しいポイント。

平日の15時までに契約が終われば即日融資できます。

金融機関によって利用できるカードローンや利息は異なります。主婦向けで利用しやすい内容になっていますが、金融機関によって違いがあるので利用しやすいところを選びましょう。

知っておきたいカードローンの審査

専業主婦でも利用できることは分かりましたが、だからといって誰でもお金を借りることができるわけではないです。

カードローンを申し込む際に、審査があるのでそれを乗り越えないと利用できません。融資を受けることができるように、審査の内容を確認しておきましょう。

基本的な審査基準

カードローンの審査基準は5つ!

年齢(20歳以上か)
住所(賃貸か持家か)
勤務先(働いているか)
収入(安定収入があるか)
返済履歴(滞納はないか)

普通ならこの5つの項目に問題がなければ、審査は合格で融資を受けることができます。専業主婦なら夫の収入や勤務先などを調べておいて、書類に記入しておきましょう。

実際に専業主婦が借りれるカードローンは、審査が甘く簡単に利用できるといわれています。しかし、それでも中には審査を通らない人もいます。何故審査を通らないのか、審査を落ちる理由もまとめたのでチェックしてください。

主婦が審査に落ちてしまうワケ

氏名や住所のフリガナ間違い、記入もれ、不鮮明な印鑑、不適切な訂正方法などが理由で、審査を通過できなかったというケースもあります。「記入もれや文字の間違い程度で!?」と驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、申込書を正しい方法で完成出来ない方は信用するのが難しい、と判断する金融機関もあるというわけですね。

ちょっとした不備でも、その人は信用できないということで審査は落ちてしまいます。その場で書き直しということもなく帰されますから、必ず記入漏れがないか、事実と異なることを書いてないか確認してください。

他社で滞納や悪質な支払い遅延がある

既に完済して解約していても直近3ヶ月以内で滞納や遅延があるときちんと返済できない人ではないか、返済能力が無いのではないかと判断されます。

配偶者(夫)の信用情報の評価が低い

専業主婦の審査では、本人ではなく配偶者の年収や信用情報が重要視されます。そのため配偶者が過去に借金をして返済の延滞をしたり、ブラックリストに登録されたりしていると、審査に通らなくなる可能性が高いです。

1 2