1. まとめトップ

困難や逆境でも貫く強さがある!芯が強い人になるには?

逆境を乗り切れる力がある心が強い人たち。困難や逆境などどんな状況でも自分を見失わず、流されず意見や考えを貫ける強さがあるからです。そんな彼らは当然周りの人からの信頼も厚く頼られる存在です。では心が強くなるにはどうすればよいのでしょう?まずは人に流されないために、どうすべきかがポイントになります。

更新日: 2018年10月12日

3 お気に入り 1349 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・人に流されない

まずは、自分を確立しましょう。大勢でいれば他人のことは気になりますが、そんな中でもとりあえずその他人のことは気にせずに考えたり、いちいち意見として言ったりしなくても良いですが、事あるごとに自分の意見を頭の中で考える癖をつけましょう。

そうする事で、自分というものを確立できます。人に流されるのはビジネスの場面でも「意志のない人」とみなされ、痛手になることがありますので気をつけましょう。

・自分の長所と短所を知っておく事

何が得意で何が不得意か、何が出来てどんな事が出来ないのか。そういった自分の長所と短所を隅々まで把握しておきましょう。

すると、自ずと「どんな仕事がどれくらい出来るか」、「自分は何がどこまでどんな風に出来て、それがどんな事に役立てられるか」が解ります。

自分を知るとはそういう事です。これが出来れば芯が強く、軸のブレにくい人になれるでしょう。

・筋の通った言動と行動を心掛ける

プライドを守る為、見栄の為に出来ない事でも出来ると言い張ってしまったり、そのせいで窮地に立たされ後悔した経験はありませんか?

これでは「嘘つき」、「口だけ達者で実力不足」だと捉えられても不思議ではありません。自分の軽率な言葉で自分を追い込んでいるだけです。

一本筋の通った言動と行動を心掛けるだけでも、周囲からは「軸がブレない芯の強い人」だと思ってもらえるようになります。

・愚痴や泣き言や言い訳は飲み込む事

愚痴、泣き言、言い訳ばかりで自分を取り繕う人と、それをしないでひたすら自分のやるべき事に打ち込む人、どちらが周囲から好印象を得やすいでしょう?

答えは後者の人。あれこれと口先だけで自分の評判を守ろうとする人より、ネガティブな言葉は飲み込んでやるべき事をやる人の方が潔く見えるのです。

どうしても吐き出さないと耐えきれない事もあります。そんな時は誰にも見られないノートや鍵つきSNSに思いっきり愚痴や泣き言を書いて発散しましょう。

・一匹狼の孤独感に耐える事

軸のブレない芯の強い人は、周囲から尊敬され頼られますが、しかし時にその自信たっぷりな言動や行動から「威張っている」と誤解される事もあります。

卑屈な考え方を持つ人、周囲を妬んでしまいやすい人からは特にそう思われやすく、一匹狼になりがちなのです。

しかし軸のブレない、言動と行動が伴う人になるにはその孤独感に耐え、孤高を目指し、周囲の評価を気にせずにいる精神も大切です。

・思考を変換する

自分に自信を持つためには、思考をポジティブに変えなくてはいけません。自信がないと強い人間にはなれません。

子供時代に「お前は駄目だ。」とか「何で、お兄ちゃん、お姉ちゃんのように、お前は出来ないんだ。」と言って育てられてしまい、自分に自信が持てなくなっている場合があります。

その様な場合、今からでも遅くありませんから、自分を褒めるということをしましょう。どんな些細なことでも構いません。自分を褒めてあげてください。

それを繰り返すことで、自分に自信が持てるようになります。自信が持てれば、自然と思考もポジティブに変わってきます。

・責任を持つ

自分のしたことに、責任感がないと優柔不断な人間になってしまいます。責任がないから嘘は平気でつけるし、いい加減な行動もできるのです。

責任を持つということは、それらのような事ができなくなるということなのです。未成年の時と成人した時の世の中の法律が変わりますよね。

そのために、成人式というものがあるのですが、最近はそれが、機能していないようで、責任感を感じない成人が増えているようです。

責任感を持つようにすれば、自然と、芯のある人間になっていくのです。

・判断力を身につける

判断力というのは、一昼夜で身につくものではありません。いろいろな経験と知識の中から身につくものです。ですから、いろんなことを知ることと、経験することが大事になります。

日々の中でも、たくさんの出来事が起きています。それに関心を持つことから始めてみましょう。今まで気づかなかったことなどもたくさん見えてきます。

人間は、興味のないことには反応をしない部分があります。それをそのままにしないで、気づくことから始めるとたくさんの情報が手に入るでしょう。

その情報をもとに、正しいものと間違っているものに分類します。何回も繰り返していると、段々と判断する能力が身についてくるのです。

・人の目を気にしない

自分に自信があれば人の目を気にしなくなります。人の目を気にする人は何をするにも、人の機嫌を取ることや自分をよく見せることに時間を費やし、本当にやらなくてはいけないことになかなか手が付けられません。

1 2