1. まとめトップ

ナルトの祖父母(家族)を特定【ナルトボルトネタバレ考察】

ナルトの祖父と祖母は登場済み。ナルトの爺ちゃんは加藤ダンで、婆ちゃんは綱手だと解説。ナルトの父ミナトの父母となる。

更新日: 2018年10月29日

0 お気に入り 1169 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

加藤ダンとは?

チューだけの関係とは思えない。
若くして亡くなる。

KATOU DANからNAUTOを取り出せる。なんとNARUTOの6文字の内、5文字も一致。

生きていた時代も考えると、こりゃもう、爺ちゃんしかあり得ない。

綱手、香燐(かりん)、長門(ながと)など、苗字がないキャラが多い中、加藤なんてありきたりな苗字を入れた時点で意味があるということ。

加藤ダンが祖父となれば、祖母は綱手姫

なんと綱手の正体はナルトの婆ちゃん。
TUNADEとNARUTOも、NATOの4文字が一致する。

どおりで、ナルトは綱手のことを「婆ちゃん、婆ちゃん」と呼ぶわけだ。子供の頃だけでなく、分別をわきまえた火影ナルトも、綱手を婆ちゃんと呼び続けている。本物の婆ちゃんなら、それでいい。

初代火影・千手柱間の孫娘。ということは、ナルトのひいひい爺ちゃんが初代。結局、ナルトは雑草ではなく、そういうオチなのだ。

初代には「つな」と呼ばれる。名前のもう1つの意味は「津波」かな。鳴門(渦潮)と関連ワード。

ナルトの父親・波風ミナト

母の綱手の髪色や、キリッとした顔つきを受け継いだ。
父ダンの前髪の髪質や目の色、優しげな表情を受け継いだ。

なお、ダンの先祖(祖父)は二代目・火影の扉間だと予想している。つまり、ミナトは初代の子孫でもあり、二代目の子孫でもある。

綱手の祖父の弟なので、どちらにしてもミナトとは親戚。そして、ミナトの直系(ひい爺ちゃん)という設定だろう。

Tobirama → miato、MINATOの内5文字が一致。
多重影分身の術の始祖。やはり、ナルトのひいひい爺ちゃんだろう。

同じく ひ孫に、はたけカカシがいると考察。

他にもナルトに家族はいる?

ナルトの母方はうずまき一族。香燐はうずまき一族。というか、苗字がなんでないの? うずまきだからじゃないの? それを(読者へ)隠そうとするということは、ナルトとは、かなりの近親だからでは?

年齢は初登場時16歳なので、ナルトの母クシナの妹(ナルトの叔母)ではきつい。次に紹介するキャラによって、イトコということになろう。

うずまき一族というのは公式。ナルトの近親だと怪しいやつに限って、苗字が隠される。

長門は34.5歳という情報がある。ん? 香燐の父ちゃん?
長門と小南(こなん)は夫婦だなこりゃ。
カリンの「ン」はコナン由来だ。

ナガトとナルトの名前自体が極めて近い。ナルトの漢字は「鳴門」。ましてや、苗字を入れたら、誰でも親戚だと分かる。
既に漫画ナルトは「婆ちゃんを隠されている物語」だと証明しており、長門が実の叔父さんだと隠されていてもおかしくないのだ。

ナルトのもう一人の祖父・自来也(ジライヤ)

出典festy.jp

自来也も扉間の孫という位置づけだろう。

ナルトの母クシナは自来也(ジライヤ)の娘じゃないのかな? スケベで旅しつつ、あちこちに子供を作った色男キャラが自来也だ(ワンピースだと、隠し子だらけのレイリーに相当)。自来也は自分の子供が誰なのか知らない。子供の方も、母から聞かされなければ知らない。自来也もナルトの祖父! しかも、長門は自来也の実の息子というオチかな。

ナルトには、自来也関連の実のオジオバ、イトコがたくさんいると見た! 差し当たり、カブトとナルトは韻を踏んでいるので隠し近親。

コメント

デコの目立つサクラは、千手柱間(デコが目立つ)の子孫だろう。

モエギは木遁っぽい術(生まれつきは初代しか使えない)を使い、浅い考察だと「血を引く綱手すら出現しなかったのに、血を引かないモエギが……」のように語られていることがある。モエギが初代の子孫ではないとか、そういう思考が先入観といえる。モエギもナルトの親戚で、初代の血筋だ。ヤマトの娘という解釈でもいい。ヤマトが木遁に適合した理由は、柱間の子孫だから。

うちはオビトも少しだけ木遁みたいなのを使うので、柱間の子孫とマダラの子孫が結婚して、その子孫がオビトかな。

当チャンネルでは、ナルトの登場人物は、皆、親戚だと当たりを付けた。ワンピースと同じ裏設定というわけだ。
もちろん、忍者達は全員がカグヤの子孫というオチは確定している。しかし、その水準での親戚という意味ではなく、隠し近親(1~4親等など)や隠し夫婦が多彩という証明をしてゆきたい。


当チャンネルはワンピースが主体で、「登場人物の大半がロックスの子孫で、レイリーには妻沢山で、ルフィを中心にみんな親戚だ」と証拠付きで語っている。

1