1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

本庶さんのノーベル賞で「オプジーボ」人気がヤバいことになってた

本庶氏のノーベル賞受賞によって免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」の人気がヤバいことになっているみたいです。

更新日: 2018年10月12日

23 お気に入り 30039 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のある情報を元に作成しています。

■本庶さんがノーベル賞を受賞した

京都大学の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授らの、2018年のノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった。

本庶特別教授は受賞対象となった免疫学の研究に触れ、「生命科学分野は創薬などの実用化までに時間がかかるが、結果が出ると大きなインパクトがある」と振り返った。

本庶特別教授は、「PD-1」という免疫をつかさどる細胞にある新たな物質を発見し、これが、免疫が働くのを抑えるブレーキの役割を果たしていることを突き止めた。

■この発見により、がんに対して免疫が働くようにする新たな治療薬「オプジーボ」に貢献

この発見により、がんに対して免疫が働くようにする新たな治療薬「オプジーボ」の開発などに貢献した。

本庶さんの研究チームが発見したPD-1は、免疫細胞の表面にあって免疫細胞に「攻撃ストップ」を命じるブレーキのような働きを持つ分子

小野薬品は、本庶氏の研究をもとにがん治療薬「オプジーボ」を開発し、2014年より販売

■本庶氏のノーベル賞受賞によりこの「オプジーボ」が大人気となっている

10月1日夜、ノーベル賞受賞の知らせがテレビやネットで報じられて以来、スキルス胃がん患者会のNPO法人「希望の会」に、相談の電話が殺到している。

つまり、テレビなどでの「ノーベル賞受賞」の報道により、すでに多くの人たちが、「この薬を夢のガン治療薬だと思っている」ことがうかがえる

「安くなったぶん、『保険適用外のがんにも使いたい』という患者さんが増えています。適用外のがんにも効くと期待している人は多い」

健康増進クリニック院長の水上治氏の声です。

■夢の新薬というイメージを持っている方も

オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害薬に関心が集まっている。「夢の新薬」という言葉で形容されるケースも見受けられる。

治療法がないと言われた人ほど、冷静ではいられないので、ノーベル賞のお祝いムードで『夢の治療法』などと紹介されると飛びついてしまいます

■私も試してみたい!というツイートも

ここ10日間くらいの間に「オプジーボ使いたい」という話を10人以上からされて面倒臭みが強い。 今の時代のがん治療は科学的な治療効果のデータに基づいておこなっているので奇跡が入り込む余地は本当に少ない。

そういや昨日患者さんが唐突にオプジーボ使いたいって言い出してんけど、恐らくノーベル賞の影響やろなぁ CCCやから適応外ってDrが説明してたけど

ノーベル賞「オプジーボ使いたい」病院に問い合わせ殺到 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2018… そりゃ、自分の命掛かってるんだから、少しでも可能性がありそうなら問い合せ位するでしょう。出来たら試したいと思うのも人情として仕方ない。

オプジーボ! 保険適用って事やんな? 使ってみたい〜

■試す前にもう一度「オプジーボ」という薬を確認してみよう

免疫チェックポイント阻害剤は、これまでの治療薬と全く違う作用で、初めて従来の抗がん剤の効果を上回った画期的な薬です。

1 2