1. まとめトップ

憧れのクラシックバイクはこれ!?

映画、雑誌、アニメ、マンガ、街でみたあのバイクってどこの? そんな疑問の手助けから、昔のバイクに興味をもつきっかけ、カスタムの資料に使えればと作成してみました。

更新日: 2018年10月23日

2 お気に入り 2533 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■Brough Superior(ブラフ・シューペリア)

カスタムメイドの為、同じものは2つとない事からスペックにバラつきがある。
近い年代のSS100のスペックを参考にすると

排気量:988cc
全長:2200mm
シート高:770mm
タイヤサイズ:3.0×19inch

参考:MOTORWORLD( http://motos-of-war.ru/en/motorcycles/brough-superior-ss100/

「イギリスに存在したオートバイメーカー」

「1919年、ジョージ・ブラフ(George Brough 、1890年4月21日 - 1970年1月12日)がやはりオートバイ製造を行っていた父親ウィリアム・E・ブラフ(William E. Brough )の会社から独立する形で興した」

「1940年を最後にオートバイ生産から撤退した」

「21年間で19モデル・3,048台を製造」

■BMW(ビーエムダブリュー)

なんと言っても独特なフレーム、そして各部を縁取るような白いラインが上品なイメージを持たせるデザインですよね。

排気量:736cc
全長:2100mm
タイヤサイズ:3.5×19inch

参考:BIKEZ( https://bikez.com/motorcycles/bmw_r17_1935.php

「第二次世界大戦前にはドイツ全土最速のバイクだった」

「1935年2月14日、BMWはベルリンのドイツモーターショーでR 16の後継機として初めて姉妹モデルR 12と一緒にR 17を発表」

「1937年に生産終了」

エンジンの形状も他のバイクと比べて、特徴的なので見た目のインパクトもありカッコイイです。

■BSA(ビーエスエー)

「当時1930年の世界恐慌を経て、イギリスのバイクマーケットの関心は、よりシンプルで小型の車体を持つモデルへと移っていました。その中で、BSAはVツインへのこだわりを捨てきれずに985ccというBSAの全ラインナップ最大のバイクをモデルGとして発表したのです。」

「リジッドフレームにハンドシフト、ガーダーフォークに極めつけはサイドバルブのVツイン大型エンジン」

■Matchless(マチレス)

排気量:990cc
燃料容量:11.4L
タイヤサイズ:F3.25×19inch / R4.0×19inch

参考:manuk( http://www.manuk.de/_matchx.htm

「Matchless Model Xは、1929年から1940年にかけて製作された」

「 Vツイン愛好家向けに開発されたもので、ヘビーデューティのサイドカー作業用に特別に補強されたリアフレームを備えています」

■Norton(ノートン)

生産期間「1923-1954」年

「英国のオートバイメーカーNortonの最初のモデルとしてOHVバルブ制御装置を装備した」

「Norton 18は1951/52年にアルベルト・グラナドと一緒に若いチェ・ゲバラの南米旅を経てのみ名声を獲得した」

■Maico Mobil(マイコ モービル)

フレームはスチールでシルエットをつくり、ボディはアルミで覆われている。

排気量:200cc
燃料容量:9.5L
タイヤサイズ:3.0×14inch

参考:Dropbears ( https://dropbears.com/motorcycles/maico-mobil.htm

「1950年から1958年にかけてMaicoが製作した初期のツーリングバイクです」

「ドライブトレインを囲み、ライダーを保護し、 パニエとスペアタイヤ用のマウント」

もとは西ドイツのバイクブランドで、そこから派生したブランドでしたが多くは販売されなかった様です。
あの外見から「ゴミ箱」なんてあだ名があったくらいなので仕方ないのですかね。私は好きです。

参考:Wikipedia ( https://en.wikipedia.org/wiki/Maico )

2:18あたりから外観と走行してる姿が見れます。

1