1. まとめトップ

女子が男子に好意をもっていて、心を開いているときのサイン【女性の立場から解説】

女子のこころは男子にはなかなか解りにくいもの。まして、相手が心を開いているか、自分に好意を抱いているサインは、一歩見誤ると大きな誤解につながることも!そこで、今回は女子が男子に好意をもっていて、心を開いている時のサインをまとめました。

更新日: 2018年10月12日

3 お気に入り 10124 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

“人”として好意をもってくれていても、“男性として”好意を持ってくれているとは限らない!?

まず、勘違いをしてはいけないのが、「女子が自分に心を開いている、好意を持っているサインをみせる=男性として好意を抱いている」という方程式。心を開いてくれている状態とは、ある程度“人”として好意を持ってくれていることは確かでしょう。しかし、だからと言ってその事が必ずしも“男性として好意を寄せている”にはならないようです。

また、キャラクターとして心を許しているパターンもあります。中性的な立ち位置だからこそ心を許しているため、急に男性的なアプローチを取ると、女性は引いてしまう可能性もあります。

「“人間として”好意を持ってくれていれば、そこからうまく“一押し”すれば男性として見てくれるようになる」という意見もあります。

出会いと好意の狭間にある「心を許す」フェーズの中で、女性があなたに男性を意識していない場合は、コインを裏返す作業が必要ということです。。

「友達としか見られていない」とか「マスコット的な存在に成り下がった」なんて落ち込む必要はないんです

というわけで、うまく“一押し”をすれば、そのうち“男性として”好意を寄せてくれる可能性もあるので、気落ちせずまずは「相手が心を開いてくれているかどうか」をさぐってみましょう!

女子が男子に好意を持っていて、心を開いているときのサイン

警戒心や不信感をもっている男性相手に対して、女性は気軽に自分のプライベートを語りません。

休みの日に何をしているかなんて話したら、好いていると誤解されるからでしょう。

自分の大切な人間の話をする女子は、相手に対して心を許していると考えてよさそうです。

いい聞き役に努め、親愛の証しとして自分もプライベートな話をするといいでしょう。

相手の男性に対して心を許した女性は、ちょっとしたわがままを言って男性を困らせようとします。

これは女性が、相手の男性に警戒心を解いて甘えているからなのです。

一見、男子を信頼しているようなこのサインには、実はネガティブな側面があります。中には相手を利用するだけの目的でわがままを言う女子もいるので、気をつけたいところです。

わがままを聞いてあげた後に女性が「ありがとう」とお礼を言うのであれば、その女性は純粋にあなたを頼りにしています。

お礼がないならただ利用しているだけと判断できます。

いつもとは違う姿を見せてくれるのは、相手の女性が「この人だったらこんな私も受け止めてくれるかもしれない」と信頼と期待感、そして好意的な気持ちがあるからです。

〔前略〕メイクを落としたすっぴんの顔を見せてくれるということは、あなたに対して全面的な信頼をもっている証拠なのです。

すっぴんを恥ずかしそうにしていたり、「メイクしてるときと顔が違ってごめんね」と言ってくるのも、あなたに嫌われたくない、好かれたいと思っている気持ちからでしょう。

「安心した相手じゃないと家には行かない」(20代女性)など、相手が異性である以上、ほとんどの女子は警戒している男性の部屋に遊びに行ったりはしないようです。

女子が家に遊びに来てくれたら、再び警戒されてしまわないよう、紳士的な態度に努めましょう。

肩や腕等のボディタッチを女性がした場合は、それ程期待出来る状態では無いので注意が必要ですが、これが手の指を絡めたり、足の太もも等のセクシャルな部位へのタッチの場合はそれなりに心を許している状態と読み取れます。

「夜中に話したいなと思うのは、相当好きな証拠!」(20代女性)など、ディープな話になる可能性の高い夜中の電話は、女子の心のリトマス試験紙として十分に機能するようです。

そこで上手に聞き役を務めることができれば、さらに新密度はアップするでしょう。

「大事な相手からのメールはすぐに返すし、ちゃんと返したいから長くなる」(20代女性)など、貴重なご意見も。

女子のほうが男性よりメールを重んじる傾向にあるので、観察次第で重要なチェックポイントになりそうです。

女性は好きでもない相手との間接キスは生理的に受け付けない様に出来ています。

本当にキスしていいと思える相手以外で間接キスは殆どの女性はしない物なので、同じグラスで飲み物を飲むシュチエーションになっても好きでもない人の口が着いていない所に口を着けたり、飲んだ後口の着いた所を拭ったりします。

1