1. まとめトップ

【FIPの手引き27】肝臓の回復の重要性

1.肝臓の役割 2.肝臓を経由しない注射の危険性 3.闘病で負担を強いられる肝臓 4.肝臓の代謝を助ける 5.肝臓の回復を行う

更新日: 2018年10月13日

0 お気に入り 28 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

FIPkantiさん

前書き

※【FIPの手引き】について

どれを見れば良いか分からなくなったら、下記リンクを目次代わりにお使い下さい。

******************************************************************

目次

1.肝臓の役割
2.肝臓を経由しない注射の危険性
3.闘病で負担を強いられる肝臓
4.肝臓の代謝を助ける
 [ビタミンC]
5.肝臓の回復を行う
 [ミルクシスル(別名:マリアアザミ)]

******************************************************************
※分からない言葉、単語が出てきたら
 「FIP用語集」http://datoufip.blog.fc2.com/blog-entry-15.html
 をご覧下さい。
******************************************************************

FIPでは様々な理由から肝機能障害を引き起こします。
肝機能障害とは肝臓の機能が正常に働かない状態の事で、血液検査の数値から調べる事が可能です。

FIPにおいて肝機能障害が起こる原因は肝臓に起きた炎症が原因であったり、
肝臓に肉芽腫が出来た事が原因であったり、そしてステロイド、インターフェロン、抗生剤等の
投薬治療による肝臓疲弊(薬物性肝障害)が原因であったりします。

肝腎要(「かん」「じん」かなめ)と言う通り、肝臓や腎臓の毒素を排出してくれる機能は
何にも替え難い重要な機能です。
今回はこの肝臓に絞って書かせて頂きます。

1.肝臓の役割

500種類以上の働きをし、種類の酵素を用いて毒素を分解する肝臓

肝臓は判明しているだけで消化、分解、代謝、合成、造血等 500種類以上の働きをし、
数千種類の酵素を用いて毒素を分解する働きがあります。

人工的な再現が不可能な程に複雑且つ精密で、
人間の肝臓を完全に再現する事は現在の人類には不可能です。
更にこの機能を機械で再現しようと思うと、
何と東京ドームよりも大きな工場になってしまいます。

これ程に大切な機能を担う臓器ですから、
肝臓は健康であれば何と全体の65%を切除しても一年後には再生する程
再生能力の高い内臓です。(人間の場合)

2.肝臓を経由しない注射の危険性

肝臓は濾過工場という安全装置

「ワクチンを無毒化し、効力を高めるビタミンC」
http://datoufip.blog.fc2.com/blog-entry-41.html
4.「なぜ注射は危険なのか」でも書きましたが、
注射はこの濾過工場である肝臓を介さずに血液に直接薬を打つ為、薬が直に体へ入ります。

その為に大きな効果をもたらしますが、
同時に薬毒を直に体に流す事にも繋がる為に大きな危険性もはらみます。
なので注射は急逝を引き起こす事もあるのです。

点滴を打つと驚くほど早く元気に戻れますよね、
あれは経口薬と違って直接血管から全身に巡る為です。

経口薬の仕組み

経口薬の場合はまず、

胃で溶解→ 小腸で吸収→ 肝臓でろ過→ 心臓へ到達後に心臓の血流から全身へと運ばれる

という手順を踏みます。

この手順を飛ばして血流に乗せてしまう訳ですから内服と比べて吸収は非常に早く、
吸収率も静脈注射であればほぼ100%です。

つまり同時に薬毒もそのまま吸収します。

3.闘病で負担を強いられる肝臓

投薬治療で起こる「薬物性肝障害」

先で少し触れた通り、ステロイドやインターフェロンを使用すると解毒に追われた肝臓が疲弊し、
肝機能障害を引き起こします。

これを薬物性肝障害と言います。

肝臓は劇薬である程負担を強いられますが、例えば利尿剤や抗生剤、
アスピリンといった薬でも起こり得ます。

FIP治療でも利尿剤で肝臓の数値が悪くなって取りやめた、という話はたまに聞きます。

FIPの死因で多い「肝不全」

肝臓を悪くすると黄疸が起きたりするのですが、FIPで肝炎を起こしても、
治療で使用した薬で薬物性肝障害を起こしても、どちらが原因か分かりません。

FIPではしばしば肝不全による死亡が挙げられますが、
これはFIPによる肝炎が原因なのか薬毒による治療死なのか、決して誰にも分かりません。

ただ言えるのは、どちらにしても 両方が原因だったとしても
とにかくこの病は肝臓への負担が強い、と言う事です。

そして医薬品での治療を選択した場合は肝機能障害の発症と死亡の確率が確実に上がる、
と言う事です。

4.肝臓の代謝を助ける

肝臓の代謝を助ける[ビタミンC]

ワクチンを無毒化し、効力を高めるビタミンC
http://datoufip.blog.fc2.com/blog-entry-41.html で書いておりますが、
ビタミンCには強力な解毒作用があります。

1 2