1. まとめトップ

蒼井優ナビゲーターのドキュメント番組「このマンガがすごい!」各話まとめ

蒼井優ナビゲーターのドキュメント番組「このマンガがすごい!」のゲストと紹介した漫画をまとめます

更新日: 2018年10月13日

0 お気に入り 23 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

テレビ東京放送の蒼井優ナビゲーターのドキュメント番組「このマンガがすごい!」。毎回代わるゲストと、そのゲストが紹介した漫画をまとめます

第1回 森山未來の『うしおととら』

森山 未來(もりやま みらい、1984年8月20日 - )は、日本の俳優、ダンサー。

本名同じ。兵庫県神戸市東灘区出身。
文化庁からの任命を受け、2013年10月から2014年10月までの1年間は文化交流使として、主にイスラエルのダンスカンパニー(インバル・ピント&アブシャロム・ポラックカンパニー)等を拠点に滞在・活動した[1]。

■漫画「うしおととら」って、どんな漫画?

主人公の少年「蒼月潮(通称:うしお)」が妖怪「とら」と共に、妖怪退治の槍「獣の槍」を武器に、最強最悪の大妖怪「白面の者」と戦う姿を描く。「うしお」と「とら」の出会い、「獣の槍」と「白面の者」との戦いは全くの偶然のようであったが、物語が進むにつれて、それぞれの深い関わり、長きに渡る宿命が明らかになっていく。人間と妖怪を超えた深い絆を主軸に置きながら、非常に多くの登場人物達のエピソードが描かれ、それらが終盤に向けて一つに収束していきながら、物語は最終決戦に至る。

第2回 東出昌大の『龍-RON-』

東出 昌大(ひがしで まさひろ、1988年2月1日 - )は、日本の俳優、ファッションモデル。埼玉県出身。ギグマネジメントジャパンを経て現在はユマニテ所属。身長189cm、体重72kg。妻は女優の杏。

■漫画「龍-RON-」って、どんな漫画?

1928年、京都。押小路龍は財閥を経営する押小路男爵家の跡取りであったが、会社経営には興味がなく、幼少時から得意としていた剣道の腕で身を立てようと、日本有数の武道家育成機関・武道専門学校(武専)へ入学する。師の薫陶や同期との研鑽、幼馴染の舞妓・小鈴、押小路家の女中・田鶴ていとの恋模様を通して、龍少年は少しずつ大人の男へと成長してゆく。
やがて龍は、ていとの結婚を巡って武専を退学し実業家へ転身する。それぞれの人間がそれぞれの人生を歩んでゆく中、世界は世界恐慌に端を発する激動の時代へ突入。その中で龍の出生の秘密が、世界の趨勢に大きな影響を及ぼすようになってゆく。

第3回 森川葵の『NHKにようこそ!』

森川 葵(もりかわ あおい、1995年6月17日[1] - )は、日本の女優、元女性ファッションモデル。

■漫画「NHKにようこそ」って、どんな漫画?

大学を中退して4年目の佐藤達広は、ひきこもりとなっていた。佐藤は、自分が大学を辞め、無職でひきこもりであることなど全てが、謎の巨大組織の陰謀であると妄想する。その組織の名はNHK(日本ひきこもり協会)。

そんな折、中原岬と名乗る謎の美少女が佐藤の前に現れる。佐藤をひきこもりから脱却させるべく、岬は「プロジェクト」の遂行を宣言。その「プロジェクト」の目的が不明のまま、岬による佐藤のカウンセリングが始まる。

1