1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ロードバイクに使われるチューブラータイヤの交換のコツをまとめました。

ろにんさん

工夫した点
・チューブラータイヤを外すのはカッターでタイヤを切れば簡単にできる。

※以下の記述はチューブラーテープを使っている場合の記述です(リムセメントではなく)。

【準備】
段ボール。ホイールが横に置けるぐらいの大きさのもの。
軍手
チューブラータイヤ…空気入れであらかじめ空気を入れて膨らませた状態でくせをつけておく。
チューブラーテープ(ミヤタ)
ウェス(ぼろ布)
カッターナイフ
空気入れ

【作業1 古いタイヤを外す】
・部屋に段ボールを敷いて作業場所を作る。
・軍手を着ける(軍手を付けて作業しないと手についた汚れが部屋などにつく)
・クイックレリースを緩めてホイールを外す。ホイールを段ボールの上に置く。
・カッターナイフでバルブの反対側の位置でチューブラータイヤを切断する。
・切断したタイヤを引っ張ってホイールからタイヤを外す。上手くすれば古いチューブラーテープも古いタイヤにくっついて取れる。
・タイヤをはずし終えたら、ウェスでホイルをこすってチューブラーテープの残りカスを落とす。リムセメントクリーナーを使わなくても擦ればきれいに取れる。
・ついでにホイールを掃除する。リム、ハブ、スポークをウェスで拭く。後輪の場合はスプロケットを拭く(スプロケットの清掃はホイールを外してやるのが効率が良い)スプロケットはギアフロス、綿棒を使うと効率がよい。
※床に座って、足を広げてその間にホイールを置く。ハブを軸にホイールを回しながら拭くと効率が良い。

【作業2 新しいタイヤの接着】
・バルブの横からチューブラーテープをホイールに張り付けていく。
・貼り付け終えたら、バルブの両サイド5センチ分の剥離フィルムをめくって、90度に折る。剥離フィルムの先端がホイールの溝から飛び出すようにする。(実際には、この折った先端のうち一つしか使わない。1か所ではなく、両サイド折っておく、つまり、2か所折っておくのは、万一剥離フィルムを剥離しているときにちぎれた時の備えとして。)
・チューブラータイヤをはめる。
※タイヤに空気は入れない。
※タイヤの向きに注意する。側面に書いてあるロゴが自転車の前から後ろの向きに読めるようにする。
・まずタイヤのバルブをホイールのバルブに入れる。
・バルブの両側から少しずつタイヤをホイールの上に乗せる。左右半分、半円分は簡単にはめれる。
・ホイールを両手で抱えてタイヤをはめる。バルブが自分の方に来るように。バルブの反対側が床に当たるようにする。
・タイヤをはめていって、最後の方はきつくなってきてはめにくいが、足でタイヤを踏みつけて、タイヤを少し引っ張りつつ、ホイールを両手で引き上げて、タイヤの上にホイールの溝が来るようにする。
・タイヤはめ終わり。

【仕上げ】
・タイヤに空気を3・4気圧ぐらい入れる。
・その状態でタイヤを両面から見回して、左右均等にホイールに乗っかっているか確認。不均等な箇所は、指でタイヤを押して左右均等にする。
・チューブラータイヤの剥離フィルムの一つを引っ張って、はがしていく。万一、途中で剥離フィルムが敗れた時は方一つの先端を引っ張ってはがす。
・空気を必要な空気圧で入れる。体重にもよるが、7~8.5気圧。
・ホイールをフレームに装着。終わり。

1