1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

makaizouさん

昔の、しかも人から聞いた話でも良いのかな?

場所や詳しい年代はぼかしますが、昔話と思って下さい。

昔、俺の地元にタチの悪い一家が居たんだ。
家族構成は爺さん、婆さん、息子夫婦、孫3人だったかな。(記憶が曖昧です)
婆さんは勝手に近所の家に入って空き巣まがい、息子は893崩れかチンピラかその辺り
奥さんは類友、孫は暴走族やロクな仕事してない連中だった。

俺が知ってるのは小さい頃にあの一家には近づくなって話と
その一家が当時やってた悪さや昔の悪さを噂で親や近所の人に聞かされてた。
今なら直ぐに捕まるんだろうけど、窃盗、傷害、強請、集り、女性に無理矢理なんか
してたようで、田舎の人間は被害者は恥になるから言わないのを良いことに
やりたい放題だったんだ。
でも、知恵はあったようで有力者や力のある人の親族には
絶対に手を出さなかったみたい。

俺が知ってる範囲だと奴らの車のそばで遊んでた小学生に車を傷つけたろうと言いがかりを
付けて50万取ったとか、そう言った強請に屈しない人の家に火を付けたとか。(証拠なし)
息子3人はどこそこの女の子襲っただ喧嘩で相手を殺しかけたとかの話は聞いた。
爺さんだけはまともというか、良い人では無いが悪さをしない人だったんだ。

そのまともな爺さんがある日から突然悪さをしだして 子供心に狂ったんじゃないのかと思ってた。

田舎の人間は噂好きなんで、好奇心もあって
近所の婆さん達が話してる会話を盗み聞きしたら
昔は相当な悪で息子なんか問題にならないぐらいの事をしてたらしい。
その会話の中で○○さんが亡くなって悪い血が騒ぎ出したんじゃないのかとか言う話があったが
当時小学生の俺には血が騒ぐの意味が理解できなかったんだ。
それで家の婆ちゃんに悪い血が騒ぐって何の事だと聞いたら
理由を聞かれてその爺さんの話になった。
爺さんはGにするね。

婆ちゃんはおそらく俺が好奇心旺盛でここでGの事を隠したら
自分から近づいていくとでも思ったんだろうと思う。
少し考えた後、教訓の様に話してくれた。
ここからの話は大人になってから他の人に聞いた話や自分で
推測して補完した部分も含むんで了承して下さい。

昔、Gがまだ30代だった頃は近所の婆さんが話してた通りの悪党で893者、 警察にも目を付けられてたらしい。

その中の悪さである女性を無理矢理した。
その人は婚約中で、昔は無理矢理にあったりしたら
破談が普通の事でヘタをすると無理矢理した人間の嫁にならなきゃ
ならないことも有った時代。(Gはすでに結婚してた)
そしてその婚約者だった男性が○○さん、ここではAさんにする。
Aさんは武家の家系で文武両道の立派な人で戦争での生き残り。
Aさんの婚約者の家がAさんには相応しくないと婚約を取り下げて
破談を申し込んだら、しばらくして婚約者の女性が自殺未遂をした。

原因はGが婚約破談を聞いて、妾になれとか何とか婚約者の家に押しかけたらしい。
自殺未遂にGがまたもや関与してた事でAさんが鬼神の如くブチ切れ
893の事務所に日本刀携えて乗り込んだらしい。
そりゃ田舎の893と言っても日本刀抱えた人間が乗り込んでくるんだから、かなり騒然となった。
この後の事の噂は諸説あるんだけど現実的な物を書いてみる。
血の気の多い若い奴が何人か殴りかかったらしいが
簡単に打ちのめされ刃物を持って向かっていった奴は刀の鞘で
あしらわれ、十数人居た組員がどうにも出来なかったらしい。
こりゃどうにもならないと思った組員がライフル持ちだして
Aさんはさんに向けるもAさんは全く怯まず、静かに
「組長さんとお話がしたい」と言ったそうだ。
そして組長に直接Gの悪行をぶちまけてGを引き渡す様に交渉し
組長のOKを貰ったんだが組長が893の面子なのかAさんが
行き着く所まで行くのを危惧したのかは判らないが
Gはこの場で破門にするので今後は一家とは全く関係が無いが
一度は身内になった人間だから、この件で命までは取らないでくれと条件を出しらしい。
Aさん、ちょっと考えて「承った」と言うと同時に刀をカチンと鳴らしたそうだ。
そして他の893に両脇抱えられて来たGに組長が破門を言い渡した直後に
刀でGのズボンのベルトを切り落とし
股の竿と右耳を切り落として
「次、悪さした話を聞いたら命は無いと思え!」と言い組長に頭を下げて出て行ったらしい。

実際にGの右耳は無かった。 それが刀で切り落とされた物だと知って恐怖以外の何者でもないし 話を聞きながら足が震えてたよ。

温厚でやさしいAさんが刀で人を切った事が有ることにもビビってた。
今考えると戦争の生き残りなんだから何の事も無いんだろうけどね。

そして今、Aさんが亡くなった。
Aさんが居なくなっただけで悪さを再開するGには恐怖というより呆れてた。
Aさん、生前は本当に近所の人にGが悪さをしてないか聞いてたらしい。
推測だけど、これはGを抑えるためにわざとGの耳に入る様に
近所に定期的に聞いてたんだと思う。

Aさんが亡くなった後、今までの鬱憤を晴らすようにGはA家に執拗に絡んだらしい。
Aさんの奥さんはあの婚約者だったから余計に拍車をかけたんだと思う。
一家揃って嫌がらせを始めた。
朝早くにAさんの家の前にゴミか何かを撒いてるのは俺も目撃した。
「Aはもうこの世に居ねえ、怖いもんは無え」と近所の人にも言って回ったらしい。

Aさんはものすごい人望のあった人だから、A家の周囲の人も心配して警察や
土地の有力者に口を聞いてやる話も沢山出たけど、A家の奥さんや息子も
元武家のプライドが有るのか、Aさんの意思を尊重してたのか判らないけど
「まだ喪が明けてませんから」ですべて断っていたみたい。
それでも近所の人やAさんの生前に世話になった人がA家を護るためにゴミの
片付けや家の塀の修繕、夜は自警団の様な感じで見回りまでしてた。

そしてAさんの葬式から2ヶ月ぐらい経つか経たないかぐらいの時期だったと思う。 GとG息子が突然変死したんだ。

オフィシャルには変死だけどそこは田舎、本当の死因は他殺だったらしい。
当然村の大人たちは誰が犯人かは予測が付いてたと思う。
犯行現場周辺での目撃談も有ったしね。
でも誰も直ぐに何も言わなくなった。
そしてみんな「Aさんとの約束を破ってAさんに連れて行かれたんだろう」と言う
話しかしなくなった。
近い駐在所のおまわりさんですら変死で処理してたんだと思う。
G一家は騒いでたが誰も相手にしてなかった。
新聞は読んでなかったけどニュースや大きな騒ぎにはなってなかった。

家の婆ちゃんが「49日があけるまで待ってたんだろうね」

とぼそっと言ってた意味を理解したのは大人になってからだったけどね。
その後は男手が足りなくなって収入が減ったのか、俺が中学生になる頃にはその家は
空き家になってた。

1