1. まとめトップ

2018年市場価値が一番高いスニーカーになったコンバースのコラボモデル!!!

2018年市場価値を高めたオールスターのスニーカー!!

更新日: 2018年10月15日

3 お気に入り 3485 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

s.n.24さん

2018年市場価値が高騰したスニーカー

OFF-WHITE(オフホワイト)のTHE TEN(ザ・テン)からCONVERSE(コンバース)とのコラボ「ALL STAR(オールスター)」が5月12日に待望の発売!

海外限定で発売された!!

現在の市場価値

販売日:2018年5月12日(土)
販売価格:19,075円

2万円で発売されたスニーカーは今では15万円~30万円の間で取引されている。。

特徴

アッパーは内部が透けて見えるメッシュ素材を使い、バルカナイズドソールも透明にすることで、テーマのゴーストを巧みに表現した。またコレクションの特徴でもあるテキストプリントは随所に施され、つま先に"RIGHT"、"LEFT"、ミッドソールには"VULCANIZED"と配置、100年以上に渡って君臨してきたクラシックモデルに新たな創造と価値を落とし込んだ。

カッコ良すぎるデザイン

日本とアメリカの違い

アメリカの「NIKE(ナイキ)」ではCONVERSEを保有しているが日本はCONVERSE JAPANが別会社にあたるため国内ではリリースしないと思われる。

日本では発売されなかった。。

オールスターの歴史

コンバースの歴史は、1908年、米国マサチューセッツ州モールデンに始まった。ビーコン・フォールズ・ラバー・カンパニーでマネージャーだったマーキス・M・コンバースは、降雪量が多く、深い森や湿地帯の続くマサチューセッツ州の地域性に着目し、コンバース・ラバー・シュー・カンパニーを設立。その翌年、雨や雪の中でも作業できるラバーシューズの製造を開始した。彼の見込みは的中し、コンバースのラバーシューズは、その品質の高さから圧倒的な支持を受け、1910年には、従業員350人を擁する地元の有力企業へと成長していった。創業者マーキス・M・コンバースは、ラバーシューズの販売が雪の多い冬場に集中することから、通年で販売出来る商品の必要性を感じていた。そこで彼が着目したのが、当時YMCAで教鞭をとっていたネイスミス博士が冬場にできるスポーツとして考案した、バスケットボールであった。さまざまな試行錯誤の末に1917年、コンバースはバスケットボール専用のシューズを開発する。それが「キャンバス オールスター」である。

1917年に作れたスニーカーが今でも人気があるって凄いな!!

オフホワイト

オフホワイト(Off-White)は、ラグジュアリーなストリート系ファッションのブランドとして知られています。クリエイティブディレクター、建築家、アーティストなど、その多才さをあらゆる場所で発揮して活動しているヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)により設立されました。

ジャスティンなどのセレブが愛用するブランド

ファン

ニットカーディガン オフホワイトのざっくりニットのカーディガンは、今年旬の白のコットンレースに、ボーイッシュなチノパン、オフホワイトのコンバースのハイカットをあわせて、ベージュと白の高感度なグラデーションでまとめるのが◎。

オフホワイトのコンバースに白SOCKSとか言う超ダサい足元をしてしまったから走って帰る(´;ω;`)

今度のオフホワイトxコンバースも海外から輸入したら税関で無慈悲に捨てられるんだろうな https://t.co/yX5BtOuSOA

色々と情報を見ているとコンバースもなかなかの沼のようだな 毎年のように限定カラーとかやってんならハマるとまずい 無事でいたければオフホワイト、グレー、ブラック このライン以外の色を無視し続けた方がいい 一回手を出せば次が来る、、、

1