1. まとめトップ

生活習慣の乱れが原因?集中力がない人の特徴

これだけ誘惑や利便性あるものが増えている現代において、集中力を持続するのは難しいとさえ言えます。それでも集中力を発揮する人とできない人との差は歴然であり、個人的な特徴に依存するのは今も昔も何ら変わらない事実です。

更新日: 2018年10月15日

4 お気に入り 1132 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・体力がない

集中力を持続させるには、そもそも体力が必要です。極端に体力がない、または疲れているとすぐに集中力が途切れてしまいます。
体のどこかが痛かったり体調不良の時には、集中力を発揮すること自体簡単ではありません。

・ながら作業をしている

「テレビを見ながら勉強する」「ネットサーフィンしながら仕事する」といったように、複数のことを同時に行っているとなかなか一つのことに集中できないのは当然です。

人間の脳は複数のことを同時に処理することはできず、すさまじいスピードでタスク処理を切り替えているにすぎないといいます。
そしてその場合の生産性は40%も落ちるのだそうです。

・マルチタスク

マルチタスクとは、複数の作業を同時にこなすこと。スマホの登場で私たちの日常はマルチタスク化がより進みました。
歩きスマホ、ながらスマホは大きな問題にもなっています。

こうしたマルチタスクが癖になると、脳がその刺激を絶えず求めるようになるという作用があります。
つまり、一つのことに集中するし続けていると退屈だと感じるようになり、すぐ別のことに手を出してしまうということです。
もちろん、それでは高い集中力を発揮することはできません。

・考えすぎ

「考えすぎる」という行為は、人間の脳が情報処理するためにたくさんのパワーを要します。つまり、それだけで消耗してしまうということです。 しかも、考えすぎるのは、たいていネガティブで答えの出ないものであることがほとんどです。

あまり無駄なことをウジウジと考えてしまうと、そのせいで集中できなくなってしまいます。

・慢性的な睡眠不足

集中力のない人に意外に多い共通点は「睡眠不足」です。

人間、必要な睡眠をとることが、すべての活動の基本。

その基本が守られていなければ、活動に支障が生じることは言うまでもないでしょう。

夜更かしする生活習慣を改善しないまま、仕事や学校へ行けば、その睡眠不足から、集中力が低下するのは自明の理です。

ですから、集中力不足で悩む人は、自分の生活習慣を点検し、睡眠不足の自覚があるなら、まずはそこを改める必要があります。

睡眠不足を解消することによって、劇的に集中力が高まる例も少なくありません。

・食べ過ぎてしまう

生活習慣が集中力を弱める原因に、もう一つ「食べ過ぎ」があげられます。

食欲旺盛なのは大変けっこうなことですが、食べ過ぎはいけません。

生活習慣病の原因になるのみならず、集中力を奪ってしまう原因にもなります。

おなか一杯に食べた後で、何となく眠くなったという経験を持つ人が多いはず。

それは、体が食べたものの消化に集中して、その結果、脳の活動が弱まることに起因しています。

もちろん、人間は食べなければ生きてはいけません。

しかし、集中力不足を自覚する人は、「腹八分」を強く意識して、くれぐれも食べ過ぎないようにしましょう。

・自分に甘く、「集中力がない」ということを深刻にとらえていない

集中力がないことを気にしながら、それを改善できず、その状態が続いてしまう原因で多いのが、「自分への甘さ」です。

真剣に集中力不足を悩み、心の底からなんとかしたいと考えているのであれば、自分で改善の努力をします。

しかし、悩んではいるけれど、事態をそれほど深刻にとらえていない場合は、なかなか改善されません。

このケースの集中力を欠く原因を一言でいえば、「自分への甘さ」です。

「まあ、しょうがない」という意識があるから、いつまでも集中力不足が続くわけです。

・ 妄想癖がある

ふと目に入ったものに気をとられ、あれこれ余計なことを考え出すともう集中力が途切れています。机の上に色々なものが置いてあるとつい触ってしまって違うことをしだしていませんか。カレンダーに目がいけば、あの日はどこにいく予定だっけ、と考えたり、あの日は楽しかったななんて思い出したりしてはキリがありません。

集中力が続かない人は、はじめに考えていたことからどんどん派生していき、空想の世界にいってしまい、めんどくさいことから遠退いてしいます。

・ 整理整頓が苦手

集中力が続かない人の多くは、机の上や引き出しの中が散らかっています。調べ物をしたいときに、欲しいものがすぐ見つからないと時間がかかります。すると探し物をしているうちに集中力が途切れてしまいます。

・やらされている感が強い

やらされている感が強いと、集中を欠くことになる。

子供のころ、嫌いな勉強をやらされたとき、どのような行動をとっただろうか。

1 2

関連まとめ