「婚活疲れたわ…」って女子がドハマりしてる独女マンガ

恋活、婚活、が流行する昨今ですが、その風潮に正直疲れたという声も。そんな時に読んでほしい、結婚しない道を進みながらも幸せな日常を送る姿が素敵なマンガ「幸子、生きてます」「ソロ活!」「おひとりさま母さん」をご紹介します。

更新日: 2018年10月24日

101 お気に入り 89712 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「独身」の意外な幸せに気づかされる

金子幸子、33才独身。市役所勤めで金ナシ、幸ナシ、子ナシ、男運ナシ

タイトルも、猫背で不幸そうな幸子が立っているだけの表紙も、とにかく全体からの幸薄感がすごい

【Kiss10月号明日発売】今回の #柘植文 さん『幸子、生きてます』は、幸子さんのお盆帰省の様子をウォッチ! 兄のお嫁さんは“30代独身”の幸子に何かと気を遣ってくれる…「結婚は禁句!」「おばさん呼びはダメ!」など、それってもはや“攻撃”なのでは…? pic.twitter.com/qRhbwyKPY5

「幸子さん」はプロフィール上はとんでもなく不幸で…

元彼は、理不尽にキレたり幸子にお金を出させるのが当然のダメ男たち。新たな恋のお相手は現れそうもなく、同い年の独身の友達と居酒屋でグダグダと飲むばかり

【Kiss11月号明日発売】今回の『幸子、生きてます』の幸子は一味違う!? 左の薬指に光るリング!! まさかついにシングル卒業!? もうひとりジェンガに興じてたあの頃には戻らない! そんな決意をさせてくれたのは、同級生・山口くんとの再会…夏の終わりの憂鬱から抜け出してついに…⁉ pic.twitter.com/UBFdJsn90n

でも、不思議と幸子さんの日常には「悲壮感」が全くない。

不幸っぽい要素ばかり詰め込まれているのに、この作品にはどこにも苛立ちや不安、焦りなどが見当たらない。というか、むしろ幸子の日々の生活がすごく幸せそう

結婚もしたいけど、結婚していない今も十分に楽しくて幸せ。幸子を見ているとそんな当然のことに気づいてしまう

柘植文『幸子、生きてます』 シュールな絵柄が好き。主人公ほんとに普通の人でまあ卑屈なんだけど楽しそうでいい。悲しいだけで終わらないし、彼氏と別れてもだらっと続いてく感。大笑いしないんだけど真顔で読んでてたのしい。自分の中のいろんな気持ちをつついてくれる感じ。

他にも「ソロ活」を描いてる作品が…

人口の4割が独身に?32歳独身女性が“結婚しない生き方”考える「ソロ活!」 natalie.mu/comic/news/303… pic.twitter.com/6HBQf0Cq9T

「ソロ活!」

田中 紫陽花(たなか あじさい)は、長年付き合っている彼氏がいながら、結婚をどことなく堅苦しく感じ、32歳になった現在も独身のままでいた

新たなライフスタイルを切り拓く!単身で豊かに生きたい全ての人たちに贈る、新基準ソロ活ストーリー!! ジヘン新連載秋の陣第一弾『ソロ活!』、連載スタート! manga-zero.com/product/3000 pic.twitter.com/44iJ2Hst6G

紫陽花は自宅では下着姿で過ごす、どこかずぼらで共感しちゃうおひとりさま女子。

そんなある日、紫陽花は単身世帯の増加について調査するプロジェクトのリーダーに抜擢される

取材として、とあるシェアハウスに潜入することになるが…

シェアハウスの住人との関わり合いもあり、紫陽花は「結婚しない人生」について考えるように。

「ソロ活!」連載スタートのお祝いのイラストをお手伝いしてくださる方にいただきましためちゃめちゃ可愛い…。そしていつもうますぎて戸惑う。支えられてます!! pic.twitter.com/lDAlH3bkvU

新しい時代の生き方について考えさせられる作品。

「ソロ活!」第一話読みました~!色々勉強になることがありそうでこれからの展開が楽しみです。生きてる人全員が他人事ではないテーマだと思うので、いいですね……! twitter.com/natsumidaff/st…

「ソロ充ママ」っていう選択もアリ!?

40歳直前の独身女性マンガ家・ナナオが、付き合っている彼氏とは籍を入れず1人で出産をし子育てをする姿を描いた

作者の実体験を元にしたストーリー。

産んでみました、四十前。結婚はしていません。半端ない貧乏生活ですが、半端ない幸せも味わってます

1人での出産を描いた前作「おひとりさま出産」もネットでとても評判で、今作はその続編。(おひとりさま出産から読むのも良いかも。)

「父親の役割を求めないと決心したものの、いざ産んでみて色々と揺れ動く気持ちもわかります。実際産んでみないとわからない苦労も」

「年収200万円以下。シングルマザー。筆者のかたからしたら大変なことばかりだとは思いますが、ギャグセンスが最高で全部笑いに変えてしまいます」

おひとりさま出産の連載が進化して「おひとりさま母さん」になって1巻から再スタートしてた! 安定の面白さ!月齢もうちの子と似てて読んでてほんわか。内容はほんわかとはいかないんやけど(笑) pic.twitter.com/hnzLs58nOH

1