1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

■徐々に進んでいるキャッシュレス化

店舗でのお買い物の際やオンラインでも手間いらず!スムーズにショッピングできるアイテム、それが「クレジットカード」ですよね。

インターネットショッピングが当たり前になった今、クレジットカードを利用する機会が増えています。

■賢い使い方を心掛ければ、ずっとお得に買い物などをすることができます

近年では、月々の携帯代や光熱費などちょっとした支払いもクレジットカードに対応したサービスが増えてきていて、生活の中で必要不可欠な存在になっています。

そこで今回は、ク賢くて安全なクレジットカードの使い方を紹介します。

■まず、クレジットカードは何枚も持つものではありません

まず前提として、クレジットカードの枚数から意識すべきだろう。3枚以上持っているなら、できれば1〜2枚にまとめよう。

何枚も持っているとポイントが分散するので、なかなか貯まりません。また、年会費を払っているのであれば元が取れなければそのお金もバカになりません。

■そして、『一括払い』できる範囲での買い物を心掛けてください

クレジットカードの賢い使い方は、「ポイントはもらう」が「利息は少なくする(できれば払わない)」ことです。

つまり、基本は全て金利のつかない一括払いで、毎月の引き落とし日に1度に支払いを済ませる事。

そのため、自分が持っているクレジットカードの締日と支払日は確認しておく必要があるでしょう。

■リボ払いは絶対にやめましょう

最初は一括払いにしても後からリボルビング払いに変更するとポイントが増える等のサービスもありお得な感じもしますが、一番気を付けないといけないのはリボルビング払いです。

カード会社は、利用者に一括払いからリボ払いや分割払いに容易に変更させるために、分かりやすい設定ボタンの配置や説明を心掛けています。

簡単に言えば、カード会社からお金を借りて1回払いの支払をするようなものと考えればいいでしょう。お金を借りるのですから、利息支払が必要なことは言うまでありませんし、翌月以降も返済が続きます。

■固定費をクレジット払いにすることで、かなりの節約に

基本的なことですが、固定費の支払いはできる限りクレジットカードにした方がお得です。

公共料金「電気、水道、ガス、電話代、通信費」、食費、娯楽費や衣服代などの1ヶ月の生活費をクレジットカードで支払いましょう。

これらの固定費って1個1個は大した金額にはなりませんが、全てをクレジットカード払いすると大抵4~5万円程度の支払いになります。

■些細な買い物でも、面倒くさがらずにクレカを使いましょう

些細な買い物にも、クレジットカードを使えば、自分の出費分だけポイントを貯めることができます。

1 2