15日のニューヨーク外国為替市場でドル円は戻りが鈍い。24時時点では111.76円と22時時点(111.83円)と比べて7銭程度のドル安水準だった。21時30分前に一時111.93円付近まで値を上げたものの、9月米小売売上高が予想を下回ったことが分かりと徐々に上値が重くなった。米国株の下落や米長期金利の低下なども相場の重し。

出典ニューヨーク外国為替市場概況・24時 ドル円、戻り鈍い 10月16日(火)|リアルタイム為替ニュース - ザイFX!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【必見】見なきゃ損、オススメのFX情報まとめます! 2018年10月16日

みんな頑張れ、毎日まとめます。ニュースも同じタイミングでまとめています。

このまとめを見る