1. まとめトップ

鳥もつのうまみが際立つ甲府鳥もつ煮

山梨県で人気のご当地グルメで、鳥のもつを甘辛く煮込むおいしい甲府鳥もつ煮の紹介です。

更新日: 2020年01月20日

4 お気に入り 620 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

鳥もつ煮、つまみにもおかずにも最高です。

moepapaさん

甲府鳥もつ煮とは

甲府鳥もつ煮(こうふとりもつに)は、山梨県で食べられている、ニワトリのもつを砂糖と醤油で照り煮し、町おこしを目的とした地元の料理。もつ煮込ではなく、甘辛く味付けし照りが出るまで煮詰めたものであり、「B級ご当地グルメ」のひとつに分類されている。

同県内で「鳥もつ煮」と呼ばれているが、町おこしのために同県甲府市の名を採って「甲府鳥もつ煮」と呼ぶ事が始まった。また、同県内で広く食されることから、同県と同じ範囲にあった令制国・甲斐国の通称を採って「甲州鳥もつ煮」とも呼ばれる。

この地域における鳥もつ煮の発祥・伝播は、1950年(昭和25年)頃に「鳥のもつが捨てられていてもったいない。なにか安くて美味しいものができないものか」と甲府市内の蕎麦屋で考案したもので、それが評判となって他の飲食店に広がっていき、甲府の特徴的な食文化のひとつとなった。

鳥もつ煮の数々

豚もつなどと違って、きんかん(未成熟の卵)が入るので食感にも幅があります。

評判

【甲府鳥もつ煮】 - 山梨県 太平洋戦争後に蕎麦屋で考案され、飲食店の間で広まったご当地グルメで、鶏の臓物を照り煮したもの。twitpic.com/e1ez3s

スタグル① 鳥もつ煮、新酒ワイン、鹿肉串 ワインが美味しすぎてボトルで欲しいです!(ボトル売りなし涙) pic.twitter.com/vq0j3Y9pym

厚切りベーコン全部盛り(食べかけ)と鳥もつ煮 うまぁぁぁい呑みたーーい pic.twitter.com/tD6qJWg4l1

昨日は甲府から戻ってすぐ、Jユース1回戦を勝った直後の選手取材。今日は「ラランジャ・アズール」の追い込み。頑張りますです。 ※写真は甲府の奥藤本店でいただいた鳥もつ煮。 pic.twitter.com/mJrBgJsmTW

テレビで甲府の鳥もつ煮が特集されたたけど、鳥もつ煮の神髄は、そこにしいてあるタレの染みた生野菜だすよ(笑) #甲府 #鳥もつ煮 #奥藤

今日のランチ@甲府 ほうとう、おざら、鳥もつ煮、甲州ワインビーフのメンチカツを食べてお腹いっぱい。 車なので、甲州ワインが飲めなかったのがザンネン pic.twitter.com/MsMwx6DpNI

鳥もつ煮動画

1 2