1. まとめトップ

【音声付き】絵本の多読!英語初心者向けの洋書 10選【Audible】

子供への読み聞かせや英語初心者向けの絵本10冊

更新日: 2018年10月17日

4 お気に入り 4847 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

arroz7さん

「Audible」とは

Amazonでも利用可なオーディオブックサービス。洋書が充実しています。

人気作家のベストセラーから名作まで、プロの声優や著名人の朗読で聴こう。ビジネス、自己啓発、小説、英字新聞、落語、洋書など、20万冊以上の豊富なラインアップ。

アプリで本の朗読を持ち歩こう。プロの朗読で、本はもっと楽しく感動的に。

Audibleが利用可能なオススメの絵本 10選

①The Cat in the Hat

アメリカで最も人気があり、「現代のマザーグース」と言われるドクター・スースの作品。そのなかでも代表的な作品といえる本書では、"Cat in the Hat"=帽子をかぶったネコが、たいくつな雨の日にいきなりやってくる。ネコのペースに乗せられているうちに、いつの間にか家じゅう大変なことに。

愉快なストーリーとライムの効いた文章で、単語は身につき、リズム感を育てることができる。コミカルな挿絵も印象的だ。

小学校に英語教育が本格的に入ってきたので、適当な教科書を探していたところイギリス人の友人に紹介されたのがDr.Seussの本。

nativeのこどもを対象とした絵本だが、簡単な単語をうまく使って韻を踏みながらストーリーが展開していくのが面白い。

ドクター・スースの本はどれもコミカルな挿し絵とリズミカルな文章が子供心をくすぐるようです。このThe Cat in the Hatも初版は50年近く前ですが、主人公の猫は今でも米国の子供達におなじみのキャラクター。親が安心して子供に与えられる本なのでしょう。

②Brown Bear、Brown Bear、What Do You See?

華やかでふんだんなイラストを目で確認しながら、響きのよい文章の繰り返しが楽しめる本書は、子どもたちに読書の楽しさを教えてくれる最高の絵本だ。

エリック・カールは、『The Very Hungry Caterpillar』(邦題『はらぺこあおむし』)、『The Grouchy Ladybug』(邦題『ごきげんななめのてんとうむし』)、『Have You Seen My Cat?』(邦題『ぼくのねこ みなかった?』)でも有名な絵本作家。

あふれんばかりの色彩と陽気なスタイルによる大胆なイラストを得意とする彼は、絵本界でもぬきんでた存在として一目置かれている。

0歳から現2歳まで大活躍です。

文章のリズムが最高の一冊です。
まるで歌を歌っているかのような文章なので、
読み手の親が楽しめます。
この点は我が家にある絵本の中でダントツです。

この絵本の効果もあってか、
子供は色や動物の単語を認識できるようになっています。
色も絵もサイズも素晴らしいです。

1歳半の子供に読み聞かせしています。
最初はあまり興味を持ちませんでしたが、何度も開いて読んであげると、まずはカラフルな動物たちに関心を持ち始めたようです。

③The Very Hungry Caterpillar board book

THE all-time classic picture book, from generation to generation, sold somewhere in the world every 30 seconds! Have you shared it with a child or grandchild in your life?

親子で絵本を楽しみながら英語の勉強ができると思い購入しました。
英語のレベルが簡単なので、英語初心者の私でも慣れればスラスラ音読できました。

娘はまだ10ヶ月ですが、良くわからない英語でも仕掛けや絵が楽しいらしく、指を指したり自分でめくったりと反応がよいです。

英語を身近に学ぶよいきっかけになるのではないでしょうか。
本の大きさは想像より小さかったですが、お出掛けに持ち出しやすいので、かえって良かったと思います。

④Green Eggs and Ham

時代を越えて読み継がれる、このスース博士の名作は、1960年に出版されて以来ずっと読者を楽しませてきた。

「Sam-I-am」のしつこさといったら、まるで電話でセールスする人のよう。手を変え品を変え、疑り深い主人公に「緑色の卵焼きとハムは絶品だ」ということをわからせようとしている。とにかくあの手この手を使って「新料理」を食べるように勧める。

「家の中でネズミさんと」「箱の中でキツネさんと」「ボートの上でヤギさんと、いっしょに食べてみませんか」と勧めるけれどもうまくいかない。ところがとうとう、疲れ知らずの「Sam-I-am」のあまりにしつこさに相手は根負けしてしまう。はたしてお味は?

初めは絵が怖いと言っていましたが、読んであげると「もう1回」がきました。同じフレーズが繰り返されるので、自分でも追いかけ読みしています。

もうすぐ5歳ですが、ところどころ文字からも読めるようです。さすが名作は外さないな〜と思いました。

英語レッスンの先生に勧められて購入。英語圏では知らない人がいないほど有名な絵本らしいですね。良い発音の練習になりますし、内容もとても面白い。ハードカバーでデザインも良いので、普段は部屋に飾ってあります。

⑤Frog and Toad Are Friends

From writing letters to going swimming, telling stories to finding lost buttons, Frog and Toad are always there for each other—just as best friends should be.

平易な英文のため、初心者にもってこいの絵本。幼児から大人まで楽しめます。

文法のレベルは高いと思います。
現在完了、過去完了、比較、冠詞等が、シレッと使われています。

4話ぐらい入ってるオムニバス。内容は大人が読んでもかなり楽しい。4歳児と読みましたが、本のユーモアさが伝わっているのかはちょっと分かりませんでした。

1 2