1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

独特の雰囲気が魅力「松田龍平」のおすすめ作品

2018年10月期秋ドラマ『獣になれない私たち』に主演する「松田龍平」のおすすめ映画・ドラマ。『青い春』、『まほろ駅前多田便利軒』、『探偵はBARにいる』、『舟を編む』、『ハゲタカ』、『あまちゃん』、『カルテット』。

更新日: 2018年12月14日

5 お気に入り 14127 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【映画】

◆『青い春』(2002)

監督:豊田利晃
脚本:豊田利晃
原作:松本大洋
出演:松田龍平、新井浩文、高岡蒼佑、大柴裕介

松本大洋の同名コミックを、「御法度」の松田龍平主演で映画化。高校最後の春を迎えた不良高校生の姿を描いた青春群像劇。

あれを見て憧れて俳優になった人もいるという映画「青い春」は、いまだにヤンキー映画枠で見られてるかもしれないけど一度見てほしい。男子高校生たちの繊細な心情と松本大洋の味、ここから人気になっていく役者や芸人たちが本当に青くて、儚い。傑作ですよ #おしゃれイズム

『秒速5センチメートル』も捨てがたいが、豊田利晃監督・松田龍平主演の『青い春』も魅力。名作すぎる。特に新井浩文が最高。痛い映画だけど、震える。傑作。ミッシェルの音楽が爆発する。 ow.ly/8WWt0

傑作青春映画を集めた本があったから、パラ見してたら凄いラインナップ。。。だけどモテキが入ってて、青い春が入ってなかったから一気に信憑性がなくなった。

◆『まほろ駅前多田便利軒』(2011)

監督:大森立嗣
脚本:大森立嗣
原作:三浦しをん
出演:瑛太、松田龍平、高良健吾、岸部一徳

三浦しをんの直木賞受賞作を、瑛太と松田龍平共演で映画化。東京郊外のまほろ市で便利屋を営む多田の下に、風変わりな同級生・行天が転がり込む。ひと晩だけのはずが行天は一向に出て行かず、多田はしぶしぶ便利屋の助手をさせることに…。

あと、昨日DVDでやっと観た映画「まほろ駅前多田便利軒」がよすぎた。 TV版観てたから、順番逆で、ずっと気になってた2人の背景にかなりやられた。もうほんとに。傑作だなぁ。

『まほろ駅前多田便利軒』原作は未読だけど、映画は傑作デシタッ。大森監督が醸し出す空気が絶妙で、僕にはまほろ市の風は心地良かった。運命に翻弄されつつ、悩みつつ、一歩一歩前に進む主人公多田と行天のテンポと存在感が素敵デス。行天の走り方は◎。 http://coco.to/3208

25日MOVIX京都「まほろ駅前多田便利軒」文句なしの傑作!生きることと死ぬこと、そして人間同士の絆をしみじみと考えさせる。瑛太と松田龍平の一見だらしない三十男が、実はカッコイイ。政治家よりも、大企業の社長たちよりも。映画としても伏線の張り方や描写の簡潔さがおみごと。

◆『探偵はBARにいる』(2011)

監督:橋本一
脚本:古沢良太、須藤泰司
原作:東直己
出演:大泉洋、松田龍平、小雪、高嶋政伸

大泉洋と松田龍平が演じる探偵が、札幌を舞台に危険に巻き込まれるスリリングな犯罪ミステリー。

探偵はBARにいるの松田龍平が一番松田龍平史上最高だと思う

以前から松田龍平かなり性癖だったけど、『探偵はBARにいる』の高田くん(北大農学部助手・空手の師範代・メガネかけてるけどケンカ強い・でも怠惰・いつも眠い)が松田龍平の魅力300%って感じで拝んだ pic.twitter.com/yXLqe4vyBV

「探偵はBARにいる」 劇中で探偵=大泉洋が「法や警察に頼らない解決のしかたもある」といいますが、まさしく、善人も悪人も、自分のルールとプライドだけを頼りに動く物語。探偵と高田=松田龍平のコンビ、最高です。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/F1NGKFvnW1

◆『舟を編む』(2013)

監督:石井裕也
脚本:渡辺謙作
原作:三浦しをん
出演:松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー

本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を、『川の底からこんにちは』などの石井裕也監督が実写映画化。ある出版社の寄せ集め編集部が、気の遠くなるような歳月をかけて二十数万語が収録された新辞書作りに挑む姿をユーモラスに描く。

『舟を編む』15年かけて一冊の辞書を製作する辞書編集部のお話。2時間超で静かに物語が進行していくけど、とにかく登場人物やストーリーが素敵で傑作だった。松田龍平とオダギリジョーの演技も爽やかで素晴らしいです。 coco.to/5136

『舟を編む』鑑賞。 今までもイイ役者だとは思ってたけど、どうしても父親の影を背後に(勝手に)見ていた松田龍平の最高傑作だと思った。もちろん三浦しをんサンの原作あってのことだけど、彼の存在感の際立ちぶりといったら鳥肌モノだったわ

『舟を編む』鑑賞。傑作。あの空気感は実にベスト、これぞ邦画。話も文句無し。ほぼ無音だけど展開にムダがないから飽きないテンポで見てられる。松田龍平の演技力、オダギリジョーのいつも通りのラフと見せかけ根がしっかりしてる演技の安定感。宮崎あおいタンが可愛すぎた。

【ドラマ】

1 2