1. まとめトップ

アイドルではなくもはや俳優!映画界に欠かせない存在「岡田准一」の魅力

さまざまな映画やドラマに出演しているV6の岡田准一。今回は数々の映画に出演する「岡田准一」の魅力をご紹介します。

更新日: 2018年10月23日

1 お気に入り 3299 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

さまざまな映画やドラマに出演しているV6の岡田准一。今回は数々の映画に出演する「岡田准一」の魅力をご紹介します。

4520octさん

岡田准一のプロフィール

岡田准一(おかだじゅんいち)は日本で活動するタレント、歌手、俳優。
1980年11月18日生まれ。
大阪府枚方市出身。
事務所はジャニーズ事務所に所属する。
血液型はB型である。

1995年、V6のメンバーとしてCDデビューし、音楽活動のほかバラエティ番組に出演。
97年のTVドラマ「D×D」で俳優業に進出すると、「木更津キャッツアイ」のドラマ版(02)&劇場版(03、06)や、映画「COSMIC RESCUE」(03)、「東京タワー」(04)などに出演する。

岡田准一の性格は謙虚でストイック

岡田さんの役作りに対するストイックさは有名。性格は真面目で謙虚。
先輩はリスペクトし、後輩は可愛がり、そして現場のスタッフへの気遣いも忘れないなど、誰もが認める性格の良さ!

V6では最年少であるため、活動の際は天然ボケの末っ子キャラというおちゃめで可愛らしい一面もあります!

格闘技や武術など様々な資格を取得

アクションシーンが多いドラマであるため、世界中の格闘技や武術を調べ、辿り着いたのがフィリピン伝統武術「カリ」だそうです。
そのほかにブルース・リーが創始者である「ジークンドー」も学び、それぞれのインストラクター資格を取得しました。

他には「USJ修斗」という総合格闘技も修め、こちらもインストラクター資格を取得しています。

『SP』シリーズではアクション指導も担当!

『SP』シリーズの主演に抜擢された岡田さん。
武術をはじめとする撮影のために学んでいた成果を存分に発揮。
アクション指導も担当しています。

岡田准一の出演作品

ベストセラー作家・有川浩の代表作で、コミック化、アニメ化もされた人気シリーズ「図書館戦争」を、岡田准一と榮倉奈々の共演で実写映画化。

国家によるメディアの検閲が正当化された日本を舞台に、良書を守るため戦う自衛組織「図書隊」の若者たちの成長や恋を描く。

あらゆるメディアを取り締まる「メディア良化法」が施行され30年が過ぎた正化31年。
高校時代に図書隊に救われ、強い憧れを抱いて自身も図書隊に入った笠原郁は、鬼教官・堂上篤の厳しい指導を受け、女性隊員として初めて図書特殊部隊(ライブラリータスクフォース)に配属される。
個性的な仲間に囲まれ業務に励む郁は、かつて自分を救ってくれた憧れの隊員とは正反対のはずの堂上にひかれていく。

銃撃戦だけでなくさまざまなアクションシーンがあります。
この作品でも稽古した成果がいかんなく発揮されています!
強くてカッコいい姿がたくさん見られます!

百田尚樹の同名ベストセラー小説を、「V6」の岡田准一主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズを手がけてきた山崎貴監督のメガホンで映画化。

司法試験に落ち続け、人生の目標を失いかけた青年・佐伯健太郎と、フリーライターの姉・慶子は、実の祖父だと思っていた賢一郎とは血のつながりがなく、本当の祖父は太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵という人物であることを知る。
久蔵について調べ始めた2人は、祖父が凄腕のパイロットであり、生きることに強く執着した人物であったことを知る。
そんな祖父がなぜ特攻に志願したのか。元戦友たちの証言から祖父の実像が明らかになっていき、やがて戦後60年にわたり封印されてきた驚きの事実にたどり着く。

第38回日本アカデミー賞にて、2013年公開『永遠の0』で最優秀主演男優賞を、2014年公開『蜩ノ記』で最優秀助演男優賞を受賞。
主演男優賞と助演男優賞をW受賞するという快挙を達成しました!

この快挙によって一気に映画界のトップへと躍り出ました!

司馬遼太郎の名作小説を、岡田准一、役所広司、有村架純ら豪華キャスト共演で映画化。
「日本のいちばん長い日」「わが母の記」の原田眞人監督がメガホンをとり、石田三成の義を貫いた生き様を軸に、関ヶ原の戦いを真っ向から描き出す。

1 2