1. まとめトップ

ゲーミングチェアはいいぞ!腰痛対策!絵師やプログラマーにおすすめ

アーロンチェアやエルゴヒューマンの椅子は10万円ですがゲーミングチェアは3万円です(最安1万円~一番高級なので6万円)

更新日: 2018年11月21日

4 お気に入り 28355 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

アーロンチェアやエルゴヒューマンもいいけどゲーミングチェアもいいぞ!ハーマンミラーやエルゴヒューマン、ゲーミングチェアメーカーから広告宣伝費や紹介料ももらっていないのでご安心ください

ゲーミングチェアは
3万円~6万円で買えます

アーロンチェアや
エルゴヒューマンは9万円~です

会社の経費(消耗品費)で買える値段です

手前の椅子は
DXRACERゲーミングチェア DXR-BKN ブラック

奥の写真はエルゴヒューマンの椅子
ベーシックは8万6000円
プロは9万6000円(会社の経費→消耗品費扱いで買えます)

DXRACERゲーミングチェア DXR-BKN ブラック

DXRACERは世界中のプロゲーマーともに進化し続ける日本上陸6年目のゲーミングチェアトップブランドです。WCG・IEM・CGA・TWITCH CON・MLG・ESWC・AVA・サドンアタックなど国内外の主要ゲーミングイベントにおいて公式ゲーミングチェアに採用される本格的ゲーミングチェアです。

DXRACER ゲーミングチェア DXZ-RDN レッド

「試しにこの椅子でSwitchのスプラトゥーン2をプレイしてみたのですが、足がしっかりと固定されるため、手を太ももの上に置くプレイスタイルだとエイムがかなり向上します。

またプログラミングなどキーボードを使う作業で前屈みになった際にも、腰の位置のクッションがサポートしてくれ非常に身体が楽でした。」

「組み立ては女性一人で1時間かからないくらいでしょうか。最後のイスと足部分の接合が大変でしたが、椅子を置いて足のほうを持ち上げてやれば問題ないです。」

「DXRACER」と並んで有名なのが「AKRACING」

DXRACERと並んで有名なのがAKRACING

DXは135度リクライニング+15度ロッキングに対して、
AKは180度リクライニング+12度ロッキング。

DXは135度リクライニング+15度ロッキングに対して、
AKは180度リクライニング+12度ロッキング。
(ロッキングは、後ろにもたれかかると
座面と背もたれ両方がバネで後ろにびよんびよんなる感じの機能)

DXの長所(=AKの短所)
・安い
・キャスター脚の長さがAKより4cmほど長く、安定性がさらに高い
・リクライニング機構のカバー樹脂がしっかりしている(AKは少ししょぼい)
・座面横のでっぱりがゆるめで、あぐらをかいた時の邪魔度がまし。

AKの長所(=DXの短所)
・座面の奥行きが少し長く、その分だけ深く座れる
・180度までリクライニングできる(ただし座面と背面の間がちょっと段差になる。)
・クッションが全体的に厚め
・耐荷重が高い(90kg→150kg) その分だけ耐久性が高いかも
・キャスターの車輪が一回り大きく、僅かに移動しやすい。

私はアームレストが動くかどうかを重視しています

DXRACER ゲーミングチェア DXK-06RDN レッド キングシリーズ 価格:¥ 59,800
【アームレスト】4Dアームレスト(上下、内外、前後スライド、首振り回転機能)

AKRACING ゲーミングチェア PRO-X-RED 赤
価格:¥ 52,800
可動式4Dアジャスタブルアームレスト採用。高さ、前後、左右、回転によりアームレストの位置調整が可能。

「バウヒュッテ」のゲーミングチェアは
前後左右上下可動アームレストで2万円~3万5000円なのでコスパ最強

私はDXRACERとBauhutteの2つの椅子を買いましたがバウヒュッテの方が体にぴったりで好きです

アームレストの左右を入れ替えることで、「前寄り」「後寄り」の2ヶ所で取り付け可能です。
ゲームのプレイ姿勢は人によって様々。FPSのように前傾姿勢でアグレッシブにプレイするジャンルには前寄り、
RPGのようにコントローラーを使って後傾姿勢でプレイするジャンルには後寄りの設置がおすすめです。

ひじ掛けの向きを変えるには
六角レンチで2,3分で変更可能です

ひじ掛けは
前後に手だけでもスライドできるので
前寄りでも後ろ寄りでも大丈夫です

リクライニング フルスチールフレーム CGR-NXNB-AOB

価格:¥ 32,801

【快適な座り心地】人間工学に基づいてデザインされているので、快適にモニターと向き合うことができます。より快適にご使用頂く為に、頭部・腰部にピロー付属していますので、長時間座っても疲れにくく快適です。またメンテナンス性と耐久性、通気性に優れているPVCレザーをダイヤモンドチェックパターンで採用しているので高級感もUP↑↑

アームレストは、左右の角度調節・高さの2D調節が可能で快適に。また、座面下のつまみにより、座面の揺れる範囲が調節できます。

アームレストは、左右の角度調節・高さの2D調節が可能で快適

頭部・腰部にピロー付属していますので、長時間座っても疲れにくく快適です。またメンテナンス性と耐久性、通気性に優れているPVCレザーをダイヤモンドチェックパターンで採用しているので高級感もUP

COUGARはゲーマー専門メーカーで
キーボード、マウス、マウスパッド、ヘッドセット、アクセサリーなども作っている大企業です

腰痛対策で最も有名なのがアーロンチェア

アメリカを代表する家具ブランド、ハーマンミラー社の人間工学(エルゴノミクス)、人体の運動理論に基づいて設計された高機能ワークチェアで、世界で初めてシートクッションを取り除きメッシュを採用した椅子です。

座る人ひとりひとりの体型や使うシーンに合わせて細かく調整できる機能の充実と、通気性や理想的な体重分散を実現したメッシュの張り地が腰にかかる負担を軽減、腰痛を起こりにくくします。

最初に座った印象は、「良くも悪くもない」でした。特定の身体の部位が楽という
こともなければ、逆に特定の身体の部位が疲れるということもありません。
しかし、長時間この椅子に座っていると、身体のどの部位も疲れないことに気づきます。

よくよく考えてみると、身体の特定の部位が楽ということは、椅子のその部位を支える
構造ににクセがあって人によっては欠点となり、それが苦痛になり得るということです。
この椅子はそうしたことが全くないので、クセが全くないことになります。

「当然のように楽な姿勢で座れる」

椅子本来の目的をすべて達成している「一級品」

高級メッシュ椅子 アーロンチェア

アーロンチェアの次に有名なのがエルゴヒューマンの椅子です

首の部部分のヘッドレストと
腰部分にあるランバーサポートが特徴的です

エルゴヒューマンは世界50カ国以上で愛用されるまでに成長しています。

人間工学<エルゴノミック>に裏打ちされた長時間座っても疲れにくい快適性能をもつチェア

2005年に誕生したエルゴヒューマン
エルゴヒューマンブランドのチェアは、
腰へのフィット感とサポートに重点を置いて設計・デザインされています。
最大の特徴である独立したランバーサポートは、
ユーザーの体格と体重に応じて動き、常に腰への負担を軽減してくれます。

エルゴヒューマン 
「プロ」「ベーシック」「エンジョイ」

姿勢に合わせ腰を優しく、しっかりと支えて快適な座り心地をサポート

エルゴヒューマンチェア最大の特徴である「独立式ランバーサポート」。 腰部分を背もたれから独立させたことで、より確実に支えることができます。ほどよく一定のテンションがあり、腰が落ち込んだり猫背や腰痛になりにくい設計です。

チェアの上で長時間ディスプレイを眺める時間が長いオフィスワーカーには、ヘッドレストは有効。ヘッドレストに頭を預けつつ適正距離で画面を見ることができる後傾姿勢は、目への負担を和らげます。

エルゴヒューマン 自分で調整できる箇所がめちゃくちゃ多いです

めちゃくちゃ姿勢良く座ることができるようになります

自分で調整できる箇所がめちゃくちゃ多いです

自分好みに調整できます 再生してみるといいです 驚きますよ

ハーマンミラーのアーロンチェア

1 2 3