1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

素敵な奇跡!11歳オセロ世界一の乗った飛行機の機長が元優勝者だった

オセロ世界選手権で、11歳で史上最年少でチャンピオンとなり話題となっている福地啓介くん。その福地くんが大会からの帰路に乗った飛行機の機長がなんと元チャンピオンでしかも前回の最年少記録保持者、さらに機内でアナウンスをして福地くんを祝福し大きな話題になっています。オセロを巡る奇跡の偶然をまとめました。

更新日: 2018年10月16日

15 お気に入り 23502 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・オセロ世界選手権で、11歳でチャンピオンとなり話題となっている福地啓介くん

【祝】世界オセロ大会、11歳の日本人が優勝 最年少記録 news.livedoor.com/article/detail… プラハで開催された選手権で、横浜市の小学5年生が初出場で初優勝。成人も参加する同大会で36年ぶりに最年少優勝記録を更新した。 pic.twitter.com/Lf7xuyIE3k

チェコの首都プラハで9〜12日に開かれた第42回世界オセロ選手権で、初出場の小学5年の福地啓介君(11)=神奈川県=が初優勝を果たした

10月12日、チェコ・プラハで行われた2018年の「オセロ世界選手権」で、2016年のチャンピオン、タイのピヤナット・アンチュリーさんを破って優勝したのは、小学5年生の福地啓介六段(11)

始めたのは、幼稚園の年長の時。お母さんに「頭を使うゲームをしなさい」と言われたからだ。「小学生グランプリ2014」で、1年生でいきなり優勝。翌年も連覇したが、3年生では3位、4年生では2位だった。奮起してコンピューターを使った独学で、今年再び優勝。世界大会に臨んだ

・福地くんは今回の優勝で最年少優勝記録を塗り替える

すげぇええええええええええ!!! 第42回世界オセロ選手権で小学5年生の福地啓介6段が優勝! 11歳128日で最年少優勝記録を4年更新する快挙 nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/18… @itm_nlabから pic.twitter.com/f21ZtMZh32

・その福地くん、大会があったチェコから飛行機で帰途につくが、なんとその機長がこのオセロ大会の元優勝者だったことが明らかに

2018年「オセロ世界選手権」で優勝した小学5年生の福地啓介くん。その帰国便での“サプライズ”が話題になっている

帰国する全日空機で、意外なアナウンスがあった。谷田邦彦機長が、「オセロ世界選手権のチャンピオンにご利用いただいております。最年少記録11歳という快挙です」と福地くんを紹介したのだが、そのあとがあった

このお話をお客様ともシェアしたく少々お時間をいただきました」とアナウンスした機長は、続けて「実を申しますと、以前の記録は私自身が1982年に打ち立てた15歳という記録。今回、大幅な更新でございます。大変な快挙でございます」と発言

実は谷田機長は1982年の「オセロ世界選手権」で当時の最年少記録となる15歳で優勝を飾っていた

・オセロ大会で優勝し、その後、パイロットとなっていた谷田機長

“オセロ世界一”11歳、帰国便機長が前記録保持者だった narinari.com/Nd/20181051645… 第42回世界オセロ選手権で歴代最年少優勝した小学5年生の福地啓介さん。日本への帰国に際し、搭乗した全日空機の機長が、実はそれまで歴代最年少優勝記録を36年間保持していた谷田邦彦氏だったと話題を呼んでいる。 pic.twitter.com/PzxCqGCvGG

一般社団法人日本オセロ連盟によると、谷田機長は1962年の第6回大会の優勝者

高校時代の1982年にオセロ日本チャンピオン、さらに当時史上最年少となる15歳で同世界チャンピオンとなり、1984年度には全日本準優勝。大学在学中にオセロの入門書を2冊著す

この便で機長を務めた谷田邦彦さんは、その後、大学を卒業したあとはANA(全日空)に入りパイロット(現在は機長)に。そして、福地くんら日本選手団がプラハからドイツを経由してANA機で帰国する便で、谷田さんが機長を務めた

・搭乗はANAの配慮で、アナウンスは本人の機転だったという

現在、日本選手団は、帰国途中のANA便ですが。。 なんと、サプライズで機長は谷田キャプテンでした。 乗る前に結構やりとりしていて、気にしてくれていると思っていたら。。 そして、谷田さんの機内アナウンスで、世界チャンピオンが紹介され、機内のお客様に拍手頂きましたー。

機内で谷田機長が、自身の経歴と合わせて世界チャンピオンになった福地啓介くんを紹介すると乗客からは拍手がわき起こった

ANA側は日本選手団の帰国情報は事前に把握しており、一般社団法人「日本オセロ連盟」にゆかりのある谷田機長を手配したという。ただ、手配の時点では、福地さんが優勝することはまだわかっていなかった

ANAの広報担当者は「日本選手団の利用を知り、縁のある谷田機長を配置しました。アナウンスは本人の機転」と話した

・ツイッターでも紹介されるこの谷田機長のアナウンス

機内の様子はツイッター上で紹介され、「いい瞬間に立ち会う事ができました」といった乗客らの反響が広がっている

帰国便、谷田機長のサプライズスピーチ!このあと客席は暖かい拍手に包まれました(*´-`) pic.twitter.com/HgFclbmsGW

日本に帰ってきたらオセロの話題で大変な事になっていたんですね。 日本完全優勝。最年少記録更新の場に居合わせたこと、幸せに感じます。 今後、日本のオセロを盛り上げるべく頑張りまーす。 谷田機長の機内アナウンスあげときます。 pic.twitter.com/G4ecd1YF8X

1 2