1. まとめトップ

目移りしやすく女好きなだけ?惚れやすい男性の特徴

目の前の女性にすぐに恋愛感情を抱く惚れやすい男性は、元々が女性好きや浮気性だったり、思い込みが激しく、すぐ女性に気があると勘違いしてしまうことも多いようです。また、目移りしやすく飽きっぽいところもあり、そうなると常に刺激や新しい出会いを求めているので、長く付き合うことは難しいようです。

更新日: 2018年10月17日

3 お気に入り 6967 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・元々が女性好き

惚れやすい男性は、女性という存在自体に対して好意的で、ストライクゾーンもかなり広い人が多いと言えます。

気が強い女性もしっかりしているという魅力になるし、少々控えめな女性も守ってあげたくなるでしょう。

男性の中には女性がやや苦手で打ち解けるのに時間がかかったり、自分自身好みにこだわりがあってなかなか恋愛に至らないという人もいますが、惚れやすい人はそのようなこだわりがあまりなく、気さくに女性に接触していきます。

どんなタイプの女性にもそれなりの個性を魅力的だと思える心の広さがあると言えます。

同じようなタイプの人ばかり好きになる人もいますが、ひとめ惚れなどをしてしまうタイプや好きになる人がころころ変わるタイプの人は、前に好きだった人とまったくタイプが違う女性に好意を持つこともあります。

・ひとりでいるのが苦手

彼女や妻という存在を強く欲する気持ちが強いものです。

その理由に、どこか寂しがりやで、一人でいるより誰かに支えてもらいたいという気持ちや、話し相手がほしいという気持ちもあります。

男同士の友情とは違った癒であったり、理解してくれる存在がほしいと考えるタイプでしょう。

なんとなく一人だと、何をするにも張り合いがないような気持ちもあり、自分の頑張りを認めてくれたり、励ましてくれる存在を欲したり、守るべき存在がいた方が頑張れるという人もいるでしょう。

一人でいるのが苦手なので、惚れっぽい男性は結婚願望も強いことがあります。

・親切を好意だと思ってしまうのが

惚れやすいということはその女性のいいところにすぐ惹かれてしまうということにもなります。

こういう男性は、その女性が人として当然の親切を示しただけでも、元々根がポジティブなので自分だけ特別に親切なのでは?と、親切を好意と勘違いしてしまうところがあります。

よくありがちなのが、職務上相談に乗ってあげたり、仕事を手伝ってあげたなど、ビジネスの場での義務的な親切などを好意と勘違いして好きになってしまうという例です。

実際は誰にでも平等に接していても、惚れやすい男性にとっては、その女性が思いやりあふれる優しい女性に見えてしまい、特に自分に向けられた親切は特別視してしまう傾向があります。

・気軽に女性に声を掛ける

どこまでも前向きでポジティブ思考。それが惚れやすい性格の男の特徴です。そんなポジティブすぎる性格ゆえ、自分のことを「モテる男」と思い込んでいます。そのため「こんなことを言ったらイヤがられるかも…」などという心配はせずに、気に入った女性には気軽に声をかける傾向が。人見知りとは縁遠い存在ですね。

・お人好しで人間好き

出会った女性について、たとえ欠点が目に入ったとしても、あえて欠点には目をつむり、長所や魅力に目を向けようとするために、多くの女性を短時間で好きになることができます。

つまり、女性や恋愛に対してポジティブシンキングなわけですが、そこには「お人好しで、性善説に立った人間好き」という、人間的な特徴があると考えていいでしょう。

人間、どうしても人の欠点に目を向けがちですが、そうすることなく、良いところに目を向けることができるのは、元来、人間が好きだからにほかなりません。

・一度に複数の女性と恋愛できる

交際中の女性がいて、その彼女のことを愛していながら、

他の女性を好きになることが多いのも、惚れやすい男の特徴です。

「浮気性」というのとは、少し違います。

浮気性の男性の多くは、肉体的な欲求から他の女性に目が移るわけですが、

恋愛体質の惚れやすい男は、あくまでも精神的に複数の女性を同時に好きになります。

「交際中の彼女やパートナーのことももちろん好き。

でも、新しく目の前に現れた彼女のことも好き。

その二つの感情はそれぞれ独立していて、優劣をつけることはできない」というのが、惚れやすい男性の心理と考えていいでしょう。

・思い込みが激しい

惚れやすい人は、思い込みが激しいのかもしれません。異性に対してすぐに、「この人しかいない!」なんて運命を感じてしまうのです。普通は相手のことをしっかり理解してからですが、理解するまで待ってられないのでしょう。

そのため、周りがどんなに反対しても、考えを変えることはありません。下手したら、良かれと思って助言している周りの人に対して、「なんであの人の良さを分かってくれないの!」なんて敵視することも・・。

・優しくされるとすぐに信じてしまう

優しくされるとすぐに信じてしまう・・。こんな人も惚れやすい人と言えるでしょう。これは先ほど紹介した、思い込みが激しいことも影響しています。

異性に優しくされると、すぐに惹かれてしまいます。確かに、優しい人は魅力的に見えます。一緒になれば、きっと幸せにしてくれるような雰囲気がありますからね。

・飽きっぽい

次から次へと相手を変えてつき合うタイプの人は、どう考えても飽きっぽい性格です。

本来ならば、1人の人とじっくりつき合って、相手の良い点も悪い点も理解していくものです。

それがあってこそ、2人の絆がより深まっていくのです。

飽きっぽい性格の人は、常に新しい出会いを求めているので、相手を深く見ようとはしません。

つき合っていて面倒なことや不都合なことがあれば、簡単に次の人へとチェンジするのです。

こういうつき合い方では長続きするはずがありませんし、絆を深めることはないでしょう。

1 2