1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

SPIRITS_RUNさん

万博記念公園コース(吹田市)

観光地、修学旅行や遠足のスポットとしても知られる、万博記念公園。ハーフマラソンや、リレー大会、駅伝など、大会も行われるほど、マラソンスポットとしては盛んな場所です。ただ、道路沿いを走るコースが多いので、排気ガスや信号が多いのは難点かも。それを除けば、走りやすくとても爽快なコースです。

元茨木川緑地コース(茨木市)

茨木市田中町から約5kmに渡る細長い元茨木川緑地を走る。大阪モノレールの沢良宜駅をスタート。茨木川を埋め立てて整備した緑地公園には、桜をはじめクスノキやカシ、ハナミズキなど40種、約7万本の樹木が植えられ、緑豊かなジョギングコースになっている。

豊臣秀吉が鷹狩りで訪れた際、この水で茶をたてて飲んだという「黒井の清水」がある茨木神社がコース途中にあるので立ち寄りたい。温泉施設の極楽湯がゴールで4.4km。沢良宜駅まで折り返せば8.8km走れる。

大泉緑地コース(堺市)

自然がいっぱいの堺市北区の大泉緑地公園を走るコース。スタートの地下鉄御堂筋線新金岡駅から約1km。1周3.1kmの園内ロードは、ほぼフラット。97haという広い公園には、季節ごとのスポットがあり、7月であれば大泉池の蓮の花が見ごろなので、双池橋では速度を落として観賞したい。また、内側にある、ウッドチップの「樹の道」と土道は散策路。森林浴を楽しみながらクールダウンも兼ねてゆっくり散策したい。

仁徳天皇古墳コース(堺市)

もずふる古墳マラソン大会は、仁徳天皇陵をはじめとする百舌鳥古墳群に囲まれた古代から文化の中心である堺市において、「誰もが、いつでも、どこでも、いつまでもスポーツに親しむことができる生涯スポーツ社会」の実現をめざし、「競争」ではなく「共走」の理念に基づく完走率100%のランニングイベントを通じて、市民の健康維持増進や体力向上のみならず、人間同士の連携や地域社会との交流など心身ともに健全な社会作りに資するとともに、平成31年度の百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録を応援する目的で開催をいたします。

もずふる古墳マラソン大会という大会も開かれています。

淀川河川敷コース(大阪市)

琵琶湖から流れ出る唯一の河川、淀川は瀬田川、宇治川と名前を変えて、最後は淀川として大阪湾に注ぎ込む。両岸は河川公園で、ランニング大会も複数開催され、関西のランナーにはなじみの場所。駐車場のある大阪市都島区の赤川地区をスタートし、守口市、寝屋川市を経て、枚方市の枚方大橋を折り返す29.6km。フラットで見晴らしがよく走りやすいが、冬の強風時は防風ウエアを準備して。対岸も走ったり、折り返し地点を変更するなどして、距離調整もしやすい。

環状線一周コース(大阪市)

天王寺コース(大阪市)

住所:大阪府大阪市天王寺区茶臼山町5番55号
地下鉄御堂筋線・谷町線「天王寺」駅
JR関西本線(大和路線)・大阪環状線・阪和線「天王寺」駅

中之島コース(大阪市)

1 2