2011年コパ・アメリカでのウルグアイ代表センターバック。196cmと巨漢でフィジカル、空中戦の強さはさることながら、沈着冷静な守備、足元の安定した技術も評価され、各国のビッグクラブが獲得を狙う逸材で2011年夏にリヴァプールへ移籍した。

出典セバスティアン・コアテス | コリサカ

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本対ウルグアイの一戦で活躍したコアテスが皆に好かれまくりw

サッカー日本代表は、南米の強豪であるウルグアイ代表とキリンチャレンジカップで対戦しました。この試合で活躍したセバスチャン・コアテス選手がみんなに愛されてます。

このまとめを見る