1. まとめトップ
  2. おもしろ

帰りたい…Twitter発「みんなの残業を巡る攻防」がおもしろい

嫌だけどしなければいけない「残業」。その残業を巡る攻防がツイッターでいろいろと報告されています。面白いみんなの残業を巡る攻防」をまとめました。

更新日: 2018年10月17日

13 お気に入り 31416 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・嫌だけど時にしなければいけない「残業」

残業とは、規定の労働時間を超えて仕事をすることをいいます。超過勤務、時間外労働とも

働き方改革をきっかけに日本全体で労働時間が見直され、残業禁止の会社が増えましたが、一方で時間内に仕事が終わらないことを嘆く声も少なくない

・その残業を巡る攻防がツイッターでいろいろと報告されている

▼ノー残業デー

上司「今日はノー残業デーだから」 先輩「定時退社?」 上司「続きは喫茶店でやろうか」 先輩「はい」 僕「はい」 店員「いらっしゃいませ。ご注文は」 上司「コーヒーでいいな」 先輩「はい」 僕「はい」 上司「全員ブラックで」 先輩「ふふっ」 店員「全員ブラックですね」 僕「ふふっ」

「ノー残業デー徹底のお願い」という社内メールが23時過ぎに送られてきており、そっとごみ箱に入れた。

▼バレンタイン

ウチの会社の女上司が配ったバレンタイン、「全員寝ないで働け」感がすごい pic.twitter.com/bqpZaS2ZrR

▼プレミアムフライデー

なぜ定時退社もできないのに15時退社ができると思ったのか なぜ金のない人に時間を与えたら消費活動すると思ったのか #プレミアムフライデー

【プレミアムフライデー(2/24から午後3時退社運動)】 公務員「休ませて頂きます(^^)」 大企業従業員「休ませて頂きます(^^)」 零細中小企業「働きます(T_T)」 外食産業「働きます(T_T)」 非正規雇用「働きます(T_T)」 派遣労働者「働きます(T_T)」

▼遅刻はダメなのになぜ残業はOK?

「1分でも遅刻は遅刻」なのに「1分でも残業は残業」にならない時点で笑える

どうして遅刻が「厳禁」なのに 残業は「当たり前」なのだろうか?

「1分1秒でも遅刻は遅刻」と出勤段階では当然のごとく厳しく1秒単位の時刻オーバーでも罪やら恥やらと見なされるのに、「1分1秒でも残業は残業」とはならずに退勤段階では突然時間管理が一気に曖昧になって多少の時刻オーバーでは黙殺されたりもするという理不尽かつ不思議な現実。

▼#残業ポエム

空が澄み、月がとても綺麗でした。月明かりに隠されながら、それでもオリオン座は輝いていました。私はまだ職場にいます。 #残業ポエム

残業!仕事は増え続ける It's job!止まらない上の怒号 ココロオレル 終業の時間 チャイム チャイム チャイム(Ready Go!) 今 コール 上司より 呼び出し 事により 働き続ける 残業!It's job! 社畜の心 壊れ続ける #残業ポエム

▼#作品のタイトルの一部を残業に変えると悲しくなる

1 2 3