1. まとめトップ

【介護福祉士】ってなに??【やりがいのある仕事】

現在、日本は高齢化社会と言われています。こうした中で、なくてはならない仕事として注目されているのが【介護】のお仕事です。そして介護のお仕事をする上で役に立つ資格が【介護福祉士】。介護とはどんなお仕事なのか、やりがいなどをまとめてみました。

更新日: 2018年11月05日

8 お気に入り 1024 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

◆介護とは

障害者の生活支援をすること。あるいは高齢者・病人などを介抱し世話をすること。

昔は障碍者の身の回りのお世話は親がするべきと言う考え方が一般的でした。
しかし、それでは共に負担が大きいと言うことから、介護保障の要求運動が
始まりました。これらが1970年代後半のことです。

そこから【介護】と言う言葉が使われ始め、高齢社会になっていくにつれて障碍者だけではなく、
高齢の方のお世話をすることも同じく【介護】と呼ばれるようになりました。

◆介護職とは

特別養護老人ホームや障害者支援施設で高齢者や重度の心身障害者などの身体介護や生活支援を行うことである。また、寝たきりや1人暮らしの高齢者などの家庭を訪問し介護をしたり、本人や家族の相談に乗ったり、家事を代行したりする。仕事の内容は、着替え、食事、入浴、洗髪、排せつなどの身体介護などの支援を行うこと。

介護と一概に言っても、様々なものがあります。
人によってどの程度のお世話が必要なのかはまったく違うのです。

例えば高齢により身体が自由に動かず、生活すべてが一人だとできない

あるいは足腰に問題はないが、手が不自由で着替えや買い物が一人だとできない など

◆介護職は資格を持っていなくても働ける

介護職に就くにあたって、かならず資格を持っていなければいけないと言うことは
ありません。

資格を持っていて良いにこしたことはありませんが、介護職を始めてから取得する
方も多くいます。

◆大切なのは介護の仕事をしたいと言う気持ち

どの仕事も同じだと思いますが、最初はまず「やってみよう」と言う気持ちです。
理由は何だっていいのです。

興味がある、経験としてやってみたい、どんな理由であれやってみないことには
その仕事の良い部分も悪い部分も何も分かりません。

◆資格をとるには

介護職には【介護福祉士】と言う国家資格があります。
例えば学生の方で、将来は介護職に就こうと進路がハッキリしている方、明確に決めては
いないけど介護に関わる仕事に就こうかなと考えている方などは先に資格を取得すると
言う選択肢もあります。

◆専門学校、養成施設を卒業する

介護福祉士の資格を取得するのであれば、専門の学校を卒業することが一番の近道と
言えるでしょう。

介護福祉士の養成学校は様々な形があります。一年制の学校から四年制の学校もあります。
自分がどのような形で学んでいきたいのか、時間や金銭的に余裕があるかどうかなどでも
変わってくると思います。

幅広く選べるからこそ、自分にあった学校を選ぶことができます。

例えばこちらのように、二年制でより短期間で座学や実習などの勉強をし資格取得を
目指せる学校もあります。

◆介護職のやりがい

近年、介護全般において嫌なニュースばかりが目だって報道されるようになりました。
家族による介護、施設での介護、大変なことや辛いことももちろんあるかと思います。

その気持ちは当事者にしか分からないこともたくさんあり、全て理解することは難しい
ものです。

しかし、嫌なことばかりではないと思います。
どんな仕事にも【やっていて良かった】と思えることはあるのではないのでしょうか。

1 2