1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

パパになって初出演!V6岡田准一が「白い巨塔」の財前五郎役に挑む

V6の #岡田准一 が「 #白い巨塔 」の財前五郎役を演じることが明らかに!フジテレビで5夜連続のドラマスペシャルを放送するのは15年ぶり。パパになった岡田くんの演技に注目が集まっています。

更新日: 2018年10月18日

6 お気に入り 22917 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nyokikeさん

▼V6岡田准一が名作「白い巨塔」の財前五郎役に挑む!

【5夜連続放送】V6岡田准一が『白い巨塔』に出演、財前五郎演じる news.livedoor.com/article/detail… 物語の設定を現代に置き換え、最新医療ならではの今までにない『白い巨塔』の世界を醸成していくという。2019年放送。 pic.twitter.com/Pf2QfBDTPy

アイドルグループ・V6の岡田准一が、19年にテレビ朝日系で放送される開局60周年記念5夜連続ドラマスペシャル『白い巨塔』で主演を務めることが17日、分かった。故・山崎豊子氏の不朽の名作を、再び映像化する。

1965年に新潮社より刊行された「白い巨塔」は、大阪の大学病院を舞台に、医療ドラマの枠を超えた人間の本性を描き、シリーズ累計600万部を突破したベストセラー小説だ。

母子家庭で育った財前は、たゆまぬ努力で成功を勝ち取り、大学病院のスター准教授として君臨する。教授の座に向かって野心を燃やし、さまざまな工作を開始するが、欲望が渦巻く教授選挙は思わぬ展開を見せていく。

原作は1963年に発表されたが、今作では物語の設定を2019年に置きかえ、現代の最新医療ならではの、今までにない新たな『白い巨塔』となる。

▼パパになったばかりの岡田准一は既に役作りに入っている

地上波としては異例の5夜連続放送の大型ドラマ。主人公の外科医、財前五郎を演じるが、医者役は初挑戦だ。

初の医者役となる岡田は、実際の手術の映像を見て勉強し、監修の医師から細かい指導を受けているという。

2001年のスペシャルドラマ「反乱のボヤージュ」以来、18年ぶりに同局のドラマに主演する岡田は、テレビドラマの出演も2015年以来となる

・V6岡田准一のコメント

岡田は、「やるからにはこの難役を徹底的に演じ切りたい」と快諾した。「『白い巨塔』は誰もが知る名作。財前は医師として、この“白い巨塔”を登っていこうとあがき、もがく男。『やるからには財前五郎を味わい尽くそう』という気持ちで、監督を信じてついていきたい」。

今回の現場が父親としての初演技となり、「現場はとても楽しい。みんなでエネルギーをぶつけて『白い巨塔』と戦っていますので、ぜひ出来上がりを期待して」と手応えは十分。

撮影は、来年1月までの長丁場で行われる。03年版で江口洋介(50)が演じたライバルの医師・里見脩二役、黒木瞳(58)が演じた財前の愛人・花森ケイ子役などは今後の発表となる。

▼「白い巨塔」の財前五郎役はみんなの記憶に残る名演を見せている

「白い巨塔」は財前五郎はもちろん、ライバル里見脩二が大事です。里見が大事です。(大事なことなので二回言いました)伝説となった山本學さんの里見を貼っておきますね。 #白い巨塔 pic.twitter.com/xvPJxaJRxy

78年には故・田宮二郎さんが権力欲むき出しの第一外科助教授・財前五郎を演じた。最終回を目前にした田宮さんの自殺も話題となった。

66年に田宮さん主演で映画化。67年に佐藤慶さん主演でNET(現テレビ朝日)で連続ドラマ化。

78年にはフジテレビ系で田宮さん主演で連ドラが放送され、90年にテレビ朝日系で村上弘明(61)主演のスペシャルドラマが放送。

03年にフジテレビ系で放送された唐沢主演の連ドラは最終回の視聴率32・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。

同局が5夜連続のドラマスペシャルを制作・放送するのは、開局45周年スペシャルドラマ『弟』以来、15年ぶり。

紫綬褒章、旭日小綬章を受賞した巨匠・鶴橋康夫氏を監督に、脚本には日本アカデミー賞を受賞した羽原大介氏らを迎え、第一夜では、欲望渦巻く教授選が描かれる。

1 2