1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

イケメンからクズ役まで演技力に定評「岡田将生」のおすすめ作品

2018年10月期秋ドラマ『昭和元禄落語心中』に主演中の「岡田将生」のおすすめ映画・ドラマ。『天然コケッコー』、『重力ピエロ』、『僕の初恋をキミに捧ぐ』、『告白』、『悪人』、『平清盛』、『ゆとりですがなにか』。

更新日: 2018年12月06日

2 お気に入り 8521 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【映画】

◆『天然コケッコー』(2007)

監督:山下敦弘
脚本:渡辺あや
出演:夏帆、岡田将生、夏川結衣、佐藤浩市

くらもちふさこの名作コミックを「リンダ リンダ リンダ」の山下敦弘監督が映画化。夏帆が演じる少女の初恋を、美しい自然と共に映した青春ドラマ。

数年ぶりにDVDで『天然コケッコー』(山下敦弘監督、2007年)を見直す。初見の印象通りの傑作。この果てしない心地よさは何だろう。夏帆の魅力が炸裂している。 pic.twitter.com/SrPmm95aff

漫画の実写化で最も成功していると思う映画に「天然コケッコー」がある。田舎の分校が舞台。傑作という意外に言葉がない。「のんのんびより」の作者さんもおそらく観て参考にしているはず。 Tennen Kokekkō 天然コケッコー youtu.be/S_t5-aCu0Vc

少女漫画の実写映画化の傑作のひとつは、山下敦弘監督の「天然コケッコー」だと思う。夏帆のそよ、岡田将生の大沢くん、柳英里紗の伊吹ちゃん、愛すべきくらもちふさこのキャラクターがちゃんと息をして方言で笑って泣いて自然に動いていた。レイ・ハラカミの音楽も含めて素晴らしい映画になっている。

◆『重力ピエロ』(2009)

監督:森淳一
脚本:相沢友子
原作:伊坂幸太郎
出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、鈴木京香

伊坂幸太郎原作のミステリーを、加瀬亮と岡田将生共演で映画化。過去の辛い出来事を抱えながらも平穏に暮らす家族。ある日連続放火が発生し、弟の春は現場近くに残されていた落書きに気付く。

映画って、ホントに大好き!重力ピエロとか、最高傑作!見なきゃ損!

今、BS日テレで伊坂幸太郎さんの「重力ピエロ」やってます。この映画は本当に傑作です!家族とは、血とは…「そして父になる」とはストーリーが異なるけど、親の深い愛情が伝わってくる。 展開もとても面白く、引き込まれるようなミステリー作品。お薦めです。

久しぶりに長い暇が出来たので映画『重力ピエロ』を見る。これ、もう四、五回は見てるんだけど、それでも涙が止まらないんだよな。しかし、シナリオは勿論、カメラ回し、カットの繋ぎ、音響の質、役、構成全てにおいて傑作だと改めて感じる。見てない方は是非一度、見たことある方は是非もう一度。

◆『僕の初恋をキミに捧ぐ』(2009)

監督:新城毅彦
脚本:坂東賢治
出演:井上真央、岡田将生、杉本哲太、仲村トオル

若い男女の切ない純愛を、井上真央と岡田将生主演で描いた青春ラブロマンス。幼い頃から惹かれ合い、大人になったら結婚しようと誓い合った繭と逞。しかし逞は重い心臓病を抱え20歳まで生きられない運命だった。

あああああ(´;ω;`) 僕の初恋をキミに捧ぐみてた(´;ω;`) 涙とまんねぇ 最高すぎる pic.twitter.com/zzvv4dNGQL

僕の初恋をキミに捧ぐ これ最高です。 泣けます。めっちゃ泣ける 岡田将生に惚れました 愛がすごい(((o(*゚▽゚*)o))) やっぱ小さいときからのやつは反則 みんなも見たほーがいいです♩♫ pic.twitter.com/JnybsDj9XV

これ絶対見て欲しい、いや見てくれ、1日1回見ろ案件なんだが、『僕の初恋をキミに捧ぐ』ほんとやばい。無理 岡田将生の美しさ、井上真央の可愛さ、この2人の掛け合い素敵すぎる。THE青春。ほんとに涙滝だし、頭痛えし最高すぎる。しかも今ならGYAO!で22日まで無料ありがとうがすぎる。ありがとうありが pic.twitter.com/OHG1lw2Uf6

◆『告白』(2010)

監督:中島哲也
脚本:中島哲也
原作:湊かなえ
出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃、橋本愛

『嫌われ松子の一生』などの話題作を世に送り出す奇才・中島哲也監督が、湊かなえのベストセラー小説を映画化。「生徒に娘を殺された」という女教師の告白から始まり、殺人事件に関わった登場人物たちの独白形式で構成される衝撃作。

熱血教師役:岡田将生

昨日、「告白」を観た。学校でのいじめ問題、いじめが引き起こす人間の崩壊、そして、命の尊さや命を失うという悲劇を強烈に描く最高傑作だと思う。松たか子や生徒達の演技は素晴らしかった。この映画を観て、アメリカのアカデミー賞の無意味さを... fb.me/1cpJR5R8Q

映画「告白」をDVDで観る。劇場で一度観たきりだった。光をまとったダークブルーが美しい。スローモーション含め、テクニカルな表現のいちいちが感動的に美しい。松たか子と木村佳乃の表現の対比が、物語をいっそう陰鬱な方向に導いて素晴らしい。大傑作。橋本愛はいい眼力してる。注目したい。

告白の岡田将生は良かったなぁ。絶望的に空気読めない熱血教師。あのわざとらしい演技が役の不気味さを助長させててとても良かった。あーゆー役の岡田将生をもっと観たい

◆『悪人』(2010)

監督:李相日
脚本:吉田修一、李相日
原作:吉田修一
出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり

吉田修一の同名小説を映画化したヒューマン・ドラマ。殺人事件を起こした孤独な男と、彼と共に逃避行に及ぶ女との狂おしい愛を描く。

ここ数年で印象強くて大好きな邦画は「悪人」です。現代人の心の闇が生々しく描かれた傑作だと思います。見ていて辛くなりますが、考えさせられる映画です。この映画に出てくる全ての俳優が皆素晴らしい演技を見せてくれます。 pic.twitter.com/SaSzuC99Vl

1 2