1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

2016年よりも38円上昇。ガソリン価格の上昇が止まらないワケ

ガソリン価格の上昇が続いています。これから寒くなるにつれ需要が増える灯油も同様に高値となっています。いったいなぜ価格の上昇が続いているのでしょうか?

更新日: 2018年10月18日

12 お気に入り 18523 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■ガソリン価格の上昇が止まらない

2017年から右肩上がりに上昇しているグラフ。これは、レギュラーガソリン価格の推移。最新のものでは、158円。

全国平均小売価格が一週間前の9日時点の前回調査と比べて2円10銭高い159円60銭となり、160円台が目前に迫る高値水準で推移

レギュラーガソリンは7週連続の値上がり。159円突破は2014年11月17日の調査以来、3年11か月ぶり。

■2年前の同時期と比較して38円も上昇している

ガソリンスタンドの2016年11月の価格を見てみると、レギュラーは、なんと117円。現在の価格より、38円も安かった。

今年最初の調査となる1月9日時点では141.7円だったのが、5月28日時点で約3年半ぶりに150円台に乗せたが、早くも160円台到達が現実味

高値は2008年と13~14年にかけて経験しているが、「歴史的なガソリン価格高」であることは間違いなさそう

■各地域によってガソリン価格に差はあるものの、一律に上がり続けている

最も高かったのは長崎県の167円50銭で19都道府県で「160円」を超えており、最も安かったのは埼玉県の155円

地域別では北海道で2.9円、中部で2.6円、関東で2.5円、近畿で2.0円、東北と九州・沖縄で1.9円、中国で1.7円、四国で1.2円、全エリアで大幅な値上がり

「e燃費」によると、10月17日のレギュラーガソリンの全国平均購入価格は152.0円/リットル(前週比+1.0円)、ハイオクは162.6円/リットル(+1.7円)、軽油は128.0円/リットル(+3.2円)

e燃費は「購入」価格の平均。現実の購入でユーザーは安い価格を指向するので、購入価格平均は販売価格平均より安くなるということです。

■この高値はたまらん…

おいガソリンの価格そろそろいい加減にしろ。もう少しで160円やないか! 車通勤がキツイぜぇ

ガソリン高なったなぁー いい加減トランプさんも全体見てくれたらええのによー 安倍首相は何考えてるんやろ?国内がこんだけ悲鳴あげてんのに笑 #ガソリン #高い #高騰 #悲鳴

ガソリンが高すぎる レギュラー150円て。 リッター6キロのヘボ燃費やから辛い

ガソリン価格が高すぎるから全ての移動をリトルカブにすっか…

■ガソリン価格が上がっているのは「アメリカのイランへの制裁」

アメリカのトランプ大統領はニューヨークの国連総会で演説し、イランを「腐敗した独裁体制」と批判。追加制裁を表明

今後イラン政府は、米ドルの購入ができなくなる。また、イランと金(ゴールド)や貴金属の取引のほか、黒鉛、アルミニウム、鉄鋼、石炭の直接的・間接的な供給も制裁対象だ

このイラン産原油に対し、11月4日からアメリカが経済制裁を再び発動するとしており、日本を含む各国に、イランとの原油取引の停止を求めている。

■それにより原油価格が上昇している

イランは石油輸出で食べている国ですが、「イランから石油を買うのは止めてくれ。イランの輸出量をゼロまで追いつめる」と言っている

1 2