1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今の日本代表は強い?!…ウルグアイ戦を終えて分かったこと

収穫はある、十分にある、久しぶりに日本代表でワクワク感があった(あっ、ベルギー戦でもあったか)ただ課題もある、守備力etc…。来年1月のアジアカップは優勝カップを持って帰って来てほしい。

更新日: 2018年10月18日

12 お気に入り 32507 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・改めて考えたいウルグアイ勝利

16日のウルグアイ戦は、そう感じさせてくれるのに十分な試合内容だった。

埼玉スタジアムで行われたサッカーの親善試合で、日本がFIFAランク5位のウルグアイに勝利した

ロシア・ワールドカップ以後の新世代の底上げとロシア組との「融合」が課題とされてきたが、このウルグアイ戦では融合がもたらす化学反応さえ起こった。

・試合内容を簡単に振り返ってみる

スコアは4-3。南米の強豪ウルグアイに対し、22年ぶりの大金星を挙げたことになる。首尾に目を向ければ、大小問わずミスがあり、3失点を喫した。だがこの試合で議論すべきは、やはり攻撃だろう。

日本は開始10分に中島翔哉からのパスを受けた南野拓実が切り返しからゴールを決めて先制。その後、セットプレーのこぼれ球を押し込まれて同点に追い付かれるも、36分に中島のシュートをキーパーがはじいたところを大迫勇也が決めて勝ち越す。

後半、不用意なバックパスをウルグアイのカバーニに拾われて同点とされるも、59分に20歳の堂安律が酒井宏樹とのコンビネーションから左隅に流し込んで勝ち越し。

さらにその7分後には堂安のミドルシュートのこぼれ球を南野が押し込んで4-2とリードを広げた。その後、1点を失ったものの、強豪ウルグアイ相手に勝利を収めた。

・何が変わったのか

MF柴崎岳(ヘタフェ)、DF吉田麻也(サウサンプトン)らロシア・ワールドカップ(W杯)主力メンバーで今遠征初招集の5人をスタメン起用し、新世代との「融合」を推し進めた。

ロシア・ワールドカップ(W杯)で16強に入ったチームの主力となったメンバーに南野拓実選手、堂安律選手、中島翔哉選手ら若手がうまく融合し、新たなチーム作りは順調の滑り出しとなったといえる。

ウルグアイ戦で強烈なインパクトを放った一人が中島だ。長友が「ドリブルお化け」と絶賛した攻撃性能は世界水準で、日本のなかでは頭一つ抜けている。

・まず褒めなければならない「得点力」

原動力となっているのが、「新ビッグ3」などと呼ばれ始めている中島翔哉、南野拓実、堂安律をはじめとする攻撃陣のニュージェネレーション

その特長は三者三様だが、臆せず、迷わず、加えてひたむきなメンタリティは横並びの共通項

・そして攻守の切り替え、連動から生まれたスピード感

前線の選手が4得点を奪ったが、それ以上の収穫は攻守の切り替えだろう。堂安のゴール、そして、南野の2点目に繋がったMF柴崎岳(ヘタフェ)のプレーは特筆すべきとも言える。

日本は相手の攻撃を待ち受けるのではなく、2トップが先陣を切って相手のセンターバックに対してスプリントしてプレッシャーをかけ、それにボランチやセンターバックも連動

守備の狙いがはっきり見えただけでなく、プレッシングの勢いやスピード感もしっかり出ていた

大迫は「前へ縦に行く選手が多いので、僕のところでしっかりと落ち着かせないと苦しくなる。今は勢いよくガンガン行ってもらうことが一番だと思うので、それを続けながらうまくコントロールできるようにしたいですね」と年長者らしい冷静さで、2列目アタッカートリオを操縦した。

1 2 3