1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

■皆さんは思い立ったら直ぐに行動できていますか?

世の中には行動力がある人と行動力がない人とが存在します。

行動力がある人とは、自分の意志によって行動を起こす人です。それとは反対に行動力がない人は、行動に移さない・移せない人。

■行動力は、生まれ持ってあるものではありません

仕事において、行動力がないということは、実績を出せないということに等しくなります。頭の中で考えを巡らせているだけでは、現実は何も変わっていきません。

「行動力」とは、決して生まれ持った特殊な才能ではありません。心がけや習慣など日常のほんの少しのところで周りと差がついてしまう物です。

そこで、今回は行動力がない人にはどういった特徴があるのか具体的に紹介していきます。

■失敗を恐れる

少しの失敗が怖くなって、大きく動けなくなる。そういう姿勢でいるとチャンスをうまく活かせない上に、他人の失敗まで期待し始める。

■ネガティブ思考

自分が行動を起すことでいい結果が出ると考えることが出来ない人は行動を起さず全てをやり過ごすことになります。

しかし、その思考を変えることは難しく、行動を起こすことをなるべく後回しにしてしまうため、なかなか行動ができない状態となります。

そんな人は、考え得る不測の事態を想定し、行動に移る前に、そのリスクヘッジを設けておくことが大切です。「備えあれば憂いなし」といいますが、まさにこのリスクヘッジをしてからなら、行動力が湧き出るでしょう。

■完璧主義

完璧主義な人は理想が高く失敗することをとても恐れるので、完璧に理解・準備できたら行動しようと考える傾向があります。

特にビジネスにおいては「完璧なクオリティにまで仕上がるまで期限を待ってもらえる」というような状況はほとんどないというのが実際のところでしょう。

もし、あなたが完璧主義なら見切り発車で行動を起こせるようになろう。

■自分に自信が持てない

自信がない人は常にオドオドして、人の顔色を伺いながら行動しています。

ここで言っているのは、何かにチャレンジすること自体への経験のなさや、自分自身に対する根本的な自信のなさです。

自信が持てない人の多くは、過去に体験した失敗や挫折があると、自信を失い、行動力が抑制されている事が考えられます。

■周りの評価を気にしすぎる

1 2